長友佑都の移籍情報2017最新版!プレミア?セリエA?Jリーグ?

スポンサーリンク


セリエAのインテルミラノに所属する長友佑都に今季限りで移籍との話が、地元イタリア紙でピックアップされました。ステファノ・ピオリ監督が2016年11月に就任して以来、出場機会が激減してしまい、来季のチーム構想から早くも外れてしまった格好です。インテルはスクデッド奪還に向け、2017年-2018年シーズンに総額1億5000万ユーロの補強を計画しているようで、長友佑都の移籍金を大型補強の資金に充てる腹積もりなのでしょう。

長友佑都はインテルからの3年オファーを2016年に受けたのですが、その時に年俸が130万ユーロから120万ユーロに減額されています。それでもインテルに残り、文字通りインテルに忠誠を誓っていたのにも関わらず、このような報道がイタリアからもたらされたのは残念でなりません。

ですが、来年のW杯に向けて、このまま出場機会を得られずにコンディションが上がらない状況は、長友佑都としても避けたいのではないでしょうか。そのような事情とプライベートな事情も含めて残留か移籍かどちらに転ぶかわからないという事を長友佑都自身も語っており、大きな葛藤を抱いていると思われます。

さて、ここまで長友佑都の現状を整理してみました。いくらインテルに忠誠を誓ったといえ、出場機会が得られないのであれば移籍も止む無し、このように長友佑都も考えているのではないでしょうか。そこで、これまでに上がった移籍先候補をもう一度おさらいすると共に、どの移籍先が最も可能性が高いかについて検討したいと思います!

長友佑都の移籍情報2017最新版!プレミアリーグ

クリスタル・パレス

ロンドンに本拠地を置き“イーグルス”の愛称を持つクリスタル・パレスは、2017年4月末時点でリーグ12位と来期もプレミアリーグに残れる位置につけています。そんなクリスタル・パレスですが、長友佑都獲得に乗り出していることが度々噂されています。監督は2019年までサム・アラダイスが務めることになっていますが、アラダイス監督と言えば中田英寿がボルトンに在籍した2005年-2006年シーズンの監督でもあります。そんなアライダス監督が日本人のトッププレーヤーである長友佑都をチェックしていたとしても不思議ではないでしょう。

クリスタル・パレスのフォーメーションは5-4-1ですが、両サイドウイングの守備力が低いことがウイークポイントなので、長友佑都へのオファーはそれなりに理にかなってると思います。

サンダーランド

冬の移籍市場では、サンダーランドからオファーが来たにも関わらず、インテル残留を選択したとの報道がありましたが、そんなサンダーランドはどうでしょうか?

デビッド・モイーズ監督が指揮をとっているのでフォーメーションは当然4バック、サイド攻撃を重視した戦術を取っています。サイド攻撃重視であれば、ウイングとして長友佑都は仕事が出来ると思うので、その点において可能性はありますが、いかんせんサンダーランドは現在プレミアリーグ最下位で降格圏内です。わざわざ降格するところに移籍するとは思えないのでサンダーランドへの移籍はほぼありえないでしょう。

長友佑都の移籍情報2017最新版!セリエA残留の可能性

アタランタ

インテル退団後も、セリエAに残るという選択肢は長友佑都にとっても良いものになると思います。イタリアのサッカーについては熟知してるわけですし、対戦する選手のことも理解しているので順応については問題ないかと思います。

そんな中、アタランタが興味を示しているという報道がいくつかあるようです。今季はセリエAのレスターか?と言われており、現在5位につける成績を残しています。戦術は3-4-3、長友佑都が使われるとすれば両サイドのウイングハーフでしょうか。

サンプドリア

サンプドリアが長友佑都獲得に向けて動いているという情報についてはどうでしょうか。サンプドリアは弱点である左サイドバックの補強策として、長友佑都をピックアップしているそうです。今季は10位とあまり良い成績ではありませんが、指揮官マルコ・ジャンパオロは戦略家として名高く、来季以降の浮上は十分期待出来るでしょう。

と噂があったのですが、最新情報によるとサンプドリアに長友佑都獲得の意向はないとのことです。ですので、サンプドリアの可能性は無いと考えるのが妥当でしょう。

長友佑都がイタリアにこだわる理由

プライベートについて考えると、1月からイタリアで平愛梨さんとの新婚生活を始めていることが理由として挙げられます。新婚早々、海外生活ってだけでもハードル高いと思うのですが、すぐにイギリスや他の国に移住することになったら辛いですよねー。それでなくても新婚生活ではトラブルは付きものなので、長友佑都もイタリアから出たいとは思ってないでしょう!

長友佑都の移籍情報2017最新版!Jリーグ復帰はあるか?

最後に日本復帰の道はいかがでしょうか?長友佑都の年俸は120万ユーロなので、少し減らせばJリーグでもなんとか払える金額かと思います。古巣のFC東京は選手年俸総額10億円弱ですがJリーグではお金持ちな方です!古巣に復帰することは悪いことではありませんし、日本でコンディションを整えW杯に向けて準備を進めることは長友佑都にとってもメリットが大きいのではないかと思います。

また、噂話ですが、嫁の平愛梨さんがイタリア生活になじめず引きこもり状態の可能性もあるとのことなので、プライベートのことを考えると日本復帰は良い選択だと考えられます。以上より、Jリーグ復帰の可能性も「ある」と考えられます。

Wrap up! by パッショノン

長友佑都の2017年-2018年シーズンの移籍についてこれまでの情報をおさらいし、移籍の可能性について検討してきました!今回のまとめは次の3つです!

  • 最有力候補はセリエAのアタランタ!
  • もし、セリエAでまとまらなければ、次点でプレミアリーグ移籍!
  • プレミア移籍になった場合、嫁の平愛梨と喧嘩になるかも(笑)

以上です、長友佑都の移籍情報にこれからも注目していきたいと思います!
(サムネイル画像出典:長友佑都インスタグラム)

スポンサーリンク