『チアダン』ドラマ:7話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

スポンサーリンク


ドラマ『チアダン』7話の視聴率

ドラマ『チアダン 』の話の視聴率は、7.1%でした!前回から1ポイントのUP!!頑張ってますね!この調子を維持してほしいです。むしろ、ここから更にUPしてほしいです!(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)

ドラマ『チアダン』7話のあらすじ

春になり、わかば(土屋太鳳)は3年生になった。チアダンス部を結成して9カ月。最初わかばと汐里(石井杏奈)の2人だけだったチアダンス部も、今や20人となった。

顧問の太郎(オダギリジョー)が入院している間、代理で桜沢教頭(木下ほうか)が顧問を引き受け、わかばの姉・あおい(新木優子)がコーチを務める中で自信に満ちた踊りをするROCKETS一同。

1日24時間という限られた時間の中で、全米制覇を目標とするROCKETSは一切の時間を無駄に出来ない。北信越チャレンジカップまであとひと月をきり、今回はJETSが出ない大会なだけに、優勝出来ないはずがない!と気合を入れる一同。桜沢教頭は、学業以外は全てチアダンスに捧げるくらいの覚悟が必要と言い、チアダンス部に恋愛禁止を言い渡す。

だが、その直後も汐里は春馬(清水尋也)の姿を見るや黄色い声援を送る。その姿を見てため息をつく麻子(佐久間由衣)の前に突然、一学年下の男子生徒の水嶋(遠藤健慎)が現れ、連絡先が書いてあるラブレターを渡す。動揺を隠せない麻子だったが――。

一方、妙子(大友花恋)の父親が腰を痛めてしまい、お店を手伝わなくてはいけなくなった妙子。練習になかなか顔を出せなくなり、だんだん周りとのズレが目立ってきた。妙子はROCKESの優勝の為に、ある思いをみんなに伝える――。

ドラマ『チアダン』7話の感想

7話は、先のストーリーは大体予想できるのに、ドッキドキが止まらない臨場感があったよね!!青春真っ盛りって感じだったし、大会での緊張感や感動がビシビシと伝わってきて、最高の回だったと思う!

恋愛禁止!

出たー!恋愛禁止!教頭が言いそうなことだ。てか、望に彼氏いたのかーい!これまでの性格悪悪な行動から、まさか彼氏がいるとは思わなかったわぁ。でも、望&元チアリーダー部たち、すっかりイイやつになってROCKETSに溶け込んでるね。

麻子と後輩の水嶋くんの恋がさーーーー!初々しくて、もう胸がキュンキュンした!!直視できないくらに気恥ずかしい気分なんだけど、見ずにはいられなくて。私の胸は高鳴ったよ。だって!メール(今時はLINEよね)のやりとりでウッキウッキしてニヤニヤして、着信音が鳴ると飛んで手に取るなんて、楽しくて仕方ないでしょ!羨ましい!!羨ましい!!もう、私の胸が最近キュンとしたのなんて、味噌汁こぼしそうになって、心臓がギュンッッッ!!!ってなった時と、スイミングで泳ぎすぎて息切れした時よ。ああ・・・寂しい。枯れそう。

しかし、麻子はそんな気持ちを押し殺して、「もう連絡できません」って。麻子の強さに感心したなー。さすが委員長だと思った。進路とかちゃんと考えてる人って、我慢するところはちゃんと我慢して、目標に向かってひたむきに努力できる人なんだろうな。と、大人になってから思うのよ。

その場の楽しさに惑わされない我慢強さがあるんだと思う。でも、大会当日に水嶋くんに気持ちを伝えた麻子も、大会と受験が終わるまで待ってると言う水嶋くんもどっちも素敵で、今後の二人の恋を見守りたくなった。

汐里は春馬とわかばの三角関係あるかな?と思ったけど、ここはどうなんだろう?好きの種類が違うって言うのは本心かな?しかし、汐里の一直線ぶりは、チアダンスだけじゃなく、恋にも清々しいほど真っしぐらだね!春馬は誰が好きなんだろう?

妙子、それは健気

妙子が店の手伝いをするために、練習にあまり参加出来なくって、チームの足を引っ張る感じになってしまった。妙子、なかなか不憫である。。。一人だけダンス未経験者で元々遅れをとってる上に、練習にもあまり参加出来ず。実家は裕福ではなく、ダンスを頑張っても渡米費用を捻出できるのかも微妙だし。でも「ダンスも大事だけど、家族も大事なんや!」って涙涙涙。うおおおーん!なんてイイ子なんやー!お店の手伝い中も、一言も文句も言わず嫌な顔もせず。健気さに胸がジーンときた。私が近所に住んでたら、手伝い変わってあげたい!!

妙子の健気さは、止まるところを知らずに、ROCKETSが優勝するために、自分は大会には出ないと言う。妙子ーーーー!!あんなに一生懸命やってきたんだから、大会に出場するのを諦めるなんて、どんなに苦しかったことか。でも、みんなの足を引っ張ることになるもの辛いよね。悩んでるところに、裏でみんなの話を聞いちゃって、決心したんだろうね。それでも涙こらえて、笑顔作って「応援してる!」って言える妙子ーーーー!健気!

何かを得るために何かを捨てる!?

わかばは妙子のことを太郎先生に相談に行く。太郎先生は「俺は、自分の体のことも大事や。家族も。何かを手に入れるためには、何かを捨てなあかんのかな?」とわかばに話す。太郎ーーーーー!!結婚して!私と結婚して!素敵!素敵すぎる!素敵MVPや!

太郎先生は、いつも結論を言わないで、生徒に考える手助けをするのが上手いよね!いいわー。ここで、熱血に「バカやろー!!仲間を見捨てるのか!バチコーン!!!」みたいなの引くもん。そして、わかばが出した答えは?

わかば「大会は絶対勝ちたい。でも、妙子を外すのは違うと思う。みんなで、どうにかできんかな?チアのために全部時間使えたらいいと思う。今はいいかもしれん。仲間がいなくなって。大切な何かを手放して、それで何が残る。私は、みんなと踊りたい。Rocketsは、20人でRocketsや!」

これでこそ、わかば!

汐里「悩むとことを間違えてた。出る出ないを考えるんじゃなくて、どうやって、レベルを上げるべきか考えるべきだった。」うんうん!これでこそ、汐里!この子賢い子だよ。

北信越チャレンジカップ

ROCKETS最高!!感動した!!あの大会の臨場感ヤバかったよね!?選手(チアダンスでは選手呼びでいいの?)の緊張感や、観客の高揚がガンガン伝わってきた!!きっと、演技ではなくて、本当にダンス練習をして、人前で発表する!というリアルさが、あの臨場感を作り出したんだろうね!

妙子の気合のコンタクトも良かったよー!カワイイ!ダンスも良かったけど、何より結果発表のシーンが。1位だろうなーってわかってるのに、もうドキドキした!3位で呼ばれずホッとして、2位で呼ばれずホッとして、いよいよ1位・・・呼ばれるに決まってる。でももし呼ばれなかったら3位以内にも入れなかったってこと。ドキドキ・・・ドキドキ・・・はぁ、もう見ていられない!早く早く発表してくれー!!!って私の緊張がピークに達した時に、ROCKETSが呼ばれた!やったー!!!!きゃー!おめでとう!ROCKETSサイコー!!

ねぇ、どうなると思う?JETSに勝って全米制覇するのかな?!この点に関しては全く予想出来ない!どんな結末が待っているんだろう?頑張れ!ROCKETS!応援してるよ!!

Passionnant`s eye!

  • 麻子と渚が仲良しなの、イイなと思った!この二人、正義感が強いところが似ていて、良いコンビだと思う。
  • 茉希と穂花が仲良くなっていて、ホッとする。穂花さ、本番の時だけポニーテールにするじゃん。いつのも髪型より、ポニーテールの方が断然カワイイよね!!
  • 汐里のTシャツがx-girlなんだけど、これは石井杏奈のe-girlsと掛けてるんだろうか?きっとそうだよね!
  • 太郎先生のパジャマにいつも恐竜のワッペン付いてるし、Tシャツも恐竜柄。

ドラマ『チアダン』7話のヤフー感想を覗き見チェック!

・こういう青春もの、嫌いじゃない。ベタだけど、ストーリー展開わかるけど、ホロっときてしまう。 青春っていいなって単純に思います。 チアダンスすごくかっこいい!キャスト達みんな忙しい中すごく練習したんだろうな。

→ほんとほんと!キャストの努力が役柄の成長とリンクしてるからこそ、見ていて感動する。めちゃめちゃ練習してるんだろうなー!

・凄く良かったー! わかば達みんな楽しそうだったし、キレキレのダンスかっこ良かった! 見てるこっちも楽しくなりました♪

・ヒロインが土屋太鳳で良かったな。これだけキレキレにダンスで来て演技ができる女優はなかなか居ない。

→マジで!みんな最高に可愛いしカッコイイんだけど、太鳳ちゃんのキレッキレッ度合いが半端ない!!

・ドラマの流れとして、優勝するんだろうとは思ってましたが…それでも、うるっとした自分がいました。 太郎先生の最後の言葉、ほんとに素敵でした。 こういう心を持った人になりたいと思った回でした。

→ROCKETSの嬉し泣きにもらい泣き!太郎先生のジーンと喜びを噛み締めてる姿み、またまたもらい泣き!今週はときめいたり、緊張してたり感動したりと忙しい回だった!

Wrap up! by パッショノン

  • ドラマ『チアダン 』の7話の視聴率は、7.1%でした!
  • 麻子や汐里、恋愛禁止でも恋は止めれない!落ちるものなの!
  • 20人でROCKETSや!
  • 北信越チャレンジカップで優勝する!おめでとう!
スポンサーリンク