motoGPライダーの2019年移籍予想と最新のシート契約情報!

スポンサーリンク


2018年のmotoGPが開幕する前ですが、既に2019年以降の契約を更新したライダーが出てきたり、Tech3がヤマハを離脱してKTMからマシン供給を受けるようになるなど、2019年以降の動きが活発です!一昨年もシーズン開幕前からシーズン序盤にかけてかなり早くライダーが動いていましたが、今年も同じような動きとなりそうです。

というわけで、2019年に向けたmotoGPライダーの移籍予想と最新のシート契約情報をまとめてみたいと思います!

motoGPライダーの2019年移籍予想と確定シート情報!

Repsol Honda Team

確定:マルク・マルケス、2020年まで

確定:ホルヘ・ロレンソ、2020年まで

対抗、ダニ・ペドロサ

Movistar Yamaha MotoGP

確定:マーベリック・ビニャーレス、2020年まで

確定:バレンティーノ・ロッシ、2020年まで

Ducati Team

確定:アンドレア・ドヴィツィオーゾ、2020年まで

確定:ダニロ・ペトルッチ、2019年まで

対抗:ホルヘ・ロレンソ

Team SUZUKI ECSTAR

確定:アレックス・リンス、2020年まで

確定:ジョアン・ミル、2020年まで

対抗:アンドレア・イアンノーネ

Red Bull KTM Factory Racing

確定:ポル・エスパルガロ

確定:ヨハン・ザルコ、2020年まで

対抗:ブラッドリー・スミス

Aprilia Racing Team Gresini

確定:アレイシー・エスパルガロ

確定:アンドレア・イアンノーネ

本命:ダニロ・ペトルッチ

対抗:スコット・レディング

LCR Honda

確定:カル・クラッチロー、2019年まで

対抗:中上貴晶(序盤の結果次第?)

Tech 3

確定:ハフィズ・シャーリン

確定:ミゲル・オリベイラ

対抗:ブラッド・ビンダー

Alma Pramac Racing

確定:フランセスコ・バグナイア、2020年まで

確定:ジャック・ミラー

EG 0,0 Marc VDS

確定:フランコ・モルビデリ、2019年まで

本命:トーマス・ルティ

Angel Nieto Team
まったく予想できません(笑)
Reale Avintia Racing

確定:ザビエル・シメオン、2019年まで

対抗:ティト・ラバト

個人的2019年チーム予想と編成評価

Repsol Honda Team

マルケスがいれば残りは誰がライダーでもへーきへーき、という感じのレプソルホンダ。とはいえ、ペドロサの開発力を他のチームにとられるのはもったいない、ということで引き続きペドロサ継続と予想。ここ数年、マルケスの為のマシンを作り続けているホンダとしても体制は盤石。

と思っていたら、まさかのペドロサout and ロレンソin。こんなに予想外の結末を迎えるとは思っていませんでした。ロレンソが格安で放流されていたこともありますが、なにより誰もが「ロレンソはドゥカティに適応できない」という評価を覆したことが大きいと思います。

レプソルとしては、ロレンソが適応できるのであればこんなにうってつけのライダーはいないということでしょう。ペドロサはミシュランタイヤへの変更の影響も大きいとは思いますが、結果を残せていないという点については誰もが同意するところかと思います。

Movistar Yamaha MotoGP

開発力に大きな疑問が残るビニャーレスと早々に契約更新という謎の選択をしたヤマハワークス。というかM1にあってないよねビニャーレスのライディングスタイル。ビニャーレスが高く評価されていることに疑問を抱いているのは私だけではないでしょう(笑)

ロッシの現役続行も決定しました!もちろんmotoGPの1ファンとしては、ロッシの現役続行はハッピーなニュースだと思うのですが、ヤマハファクトリーとして考えた時に、将来苦戦しそうな予感もします。もっと若手か中堅どころを起用した方が良いのでは?と考えているヤマハファンも多いのではないだろうか。

個人的には、ザルコを起用しない理由が理解できませんね(笑)

Ducati Team

ドヴィちゃんは昨年開花した、というか地道に続けてきた開発が実を結んだという方が正しいでしょうか。ドゥカティ陣営で一番開発力があると思われるので、ドヴィちゃん捨てる選択肢はないですよね。ロレンソも開発には貢献している気がする、コーナー良くなってきたのがその証拠かと。

だがしかし、ロレンソはライダーとしての結果を求められる2年目、序盤の展開次第では他のライダーにシートを明け渡す可能性もりそうです。ペトルッチの入る余地はあるのか問題については、すべてはロレンソの出来にかかかっているでしょう。

と思っていたら、残念ながらロレンソはおさらばされてしまいましたね。結果を残しつつあっただけに残念です。噂では、ペトルッチとロレンソ交代については、ドゥカティCEOの鶴の一声だったとありますねー。イタリア企業だから致し方ないとは思いますが、とはいえドゥカティの目指しているのは一体なんなんですかね?正直、ペトルッチがマルケスに勝てるとは到底思えませんよ!

現場は恐らくロレンソ続投を支持しているはず・・・こういったことは、今後トップライダーとの契約においてかならずネックになるような気がします。

Team SUZUKI ECSTAR

リンスは順調に成長しているので、スズキとしてもこのまま契約を更新したいはず。イアンノーネはよくわからないっす。開発力は無さそうだし、コンスタントに実力を発揮するタイプでもないし・・・多分、捨てられるのはイアンノーネになりそう(笑)

イアンノーネの代わりに誰を取るか?については正直未知数です。GPライダーで良さそうなのはザルコですかね。ペトルッチもいいかもしれないけど体重が重たいことがマイナスポイントでしょうか。

予想通り、イアンノーネは捨てられました(笑)その代わりに、ミルが入ったのは予想外です。スズキは中堅からベテランの、開発力があるライダーを必要としていると個人的には思うのですが、どうやら気のせいみたいですね!ペドロサとかロレンソがスズキに入ってくれれば・・・と思っているスズキファンもいるのではないでしょうか。

Red Bull KTM Factory Racing

ポルは継続、スミスはおさらば。これ既定路線ですよね。スミスの代わりはザルコが本命でしょう!Tech3がKTMのサテライトになることも含めて一番良いライダーだと思います。

将来の話になりますが、2021年にマルケスを資金力にモノを言わせて強奪する、なんてことを考えているかもしれないチームでもある(適当)

予想通り、ザルコがKTMと契約しました!まぁそうなりますよね!マシン開発頑張って!

Aprilia Racing Team Gresini

サム・ローズを一年で見限った非情なチーム。恐らくレディングも同じ目に合う気がしてなりません。アレイシーを残すか残さないか?で結構悩むのではないでしょうか。ただ、アレイシー以上に頑張ってくれるライダーがいるのか?という点が気になる所。レディングout、ペトルッチinが最も可能性高いと予想。

アレイシーをきっちり残すあたり、一応ちゃんとしているアプリリアですが、予想通りレディングはおさらばされました。その代わり、浮いてるイアンノーネを取ることにしたようです。まぁ、レディングは微妙な感じだったので仕方ないですね。

LCR Honda

中上は契約更新できるのか?今年要注目ポイント!序盤で結果を残してくれれば、出光というスポンサーを持っている中上継続に異論は出ないはず。もし結果を残せないようだと・・・アレックス・マルケスとかに白羽の矢が立ちそうな予感がします!

Tech 3

KTMのサテライトになったことで、全く将来が読めなくなったチーム。シャリーンは1年で見限るのはかわいそうなので是非継続してもらいたい。ザルコはどこかワークス行くでしょう(笑)後釜は、moto2のKTM勢で結果出した人をチョイスする可能性も高く、誰がライダーになってもおかしくありません。

シャリーンとオリベイラでKTMサテライト!まぁ最適解だと思われます。

Alma Pramac Racing

ミラー残さないで誰を残すの?という感じですよね。ドゥカティとしてもミラー抱えておいて損はないはずです。才能はかなりありそうだけどホンダの糞マシンに苦労していた、という気がするから。チームも良く無かったよね・・・

ミラー無事に残りました!個人的にはミラーの方がペトルッチより才能あると思っているので、ミラーをワークスに上げてほしかったのですがミラーはオーストラリア人・・・

ミラーの再来年のワークス昇格に期待しましょう!ペトルッチにはあまり期待していません(笑)

EG 0,0 Marc VDS

ヤマハのM1を引き受けたがってそうなチームNo.1。ホンダの糞マシンとは金輪際おさらばしたいはず(笑)ルティ残れるかな?モルビデリもRC213-VからYZR-M1乗り換えとかスゲー苦労しそうですねぇ。

なんだが、内ゲバでとんでもないことになっているチームです。ペトロナスヤマハの話も出てきているので将来どうなるか全く読めません。モルビデリどこにいくの?(笑)

Angel Nieto Team

ドゥカティを離れるか離れないかで、ライダー選択が大きく変わりそうです。正直、全く読めません!

Reale Avintia Racing

ドゥカティを離れるか離れないかで、ライダー選択が大きく変わりそうです。ホンダでは超苦戦していたラバトもドゥカティで輝きを取り戻しつつあります。あるとすれば、moto2の成長株あたりが食い込んでくるか?

Wrap up! by パッショノン

  • 2019年はmotoGPライダーの大移動が起こりそう!
  • Tech3がKTMのサテライトになることが決定!
  • キーマンと思われたヨハン・ザルコはKTM移籍!
  • ヤマハがどのチームにサテライトマシンを供給するかも要注目!ペトロナスヤマハは実現するか?
  • 一番の驚きはロレンソのレプソル入り!ペトルッチのドゥカティワークス昇格も意外でした
スポンサーリンク