ドラマ「コウノドリ2」第11話の視聴率とあらすじ・感想・ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年12月22日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」11話の視聴率は?あらすじと感想をまとめました。ヤフー感想も覗いてみましょう!

ドラマ「コウノドリ2」11話の視聴率

2017年12月22日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」11話の視聴率は発表しだい追記します!

ドラマ「コウノドリ2」11話のあらすじ

サクラ(綾野剛)は、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋)はある〝詩〟を教える。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、「ペルソナを頼む」と告げて、地元に帰った四宮(星野源)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮の様子に気付いたサクラはとある人物と会わせることに。そして、学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡 茉優)と白川(坂口健太郎)に別れは訪れた。新たな研修先を見つけた白川がついにペルソナを離れることに。「寂しくない」と強がる下屋に白川がかけた思いがけない言葉とは─。

そんな中、小松(吉田羊)の同期である武田(須藤理彩)が出産の日を迎える。順調に思えた出産にまさかの出来事が…!?

ドラマ「コウノドリ2」11話の感想

あああ、終わってしまった。来週から金曜日の夜は何を楽しみにすればいいんだー。難しいけど身近なテーマだから、見た後にあれこれ考えることもあって、見てから次回の放送までの1週間を味わい尽くすことができるドラマだった。

武田の出産

45歳で初産だもんね。かなり高齢出産だよね。あんぱん3個半には笑ったわ!妊婦じゃなくても食べ過ぎだってwww

小松さんと武田の掛け合いいよね。あんなに気心知れた友達いたら楽しいだろうなーと羨ましくなった。初産の不安と助産師としての立場とで、明るく気丈に頑張る武田が印象的だったけど、帝王切開に切り替えるとなった時の決断の早さや「赤ちゃん苦しいの嫌だから!」とキッパリした対応に、本当に素晴らしい人だと思った。さすが小松さんの親友!(?)

『子宮型羊水塞栓症』って何?急にすごく大量出血してて、怖くて怖くてあわあわなっちゃった。まさか最終回で武田死んじゃうの!?その子を小松さんが育てるの!?とか目まぐるしく思考がテンパる中で、「武田ーー!!死なないでーー!!!」って必死に祈ったよ。

はぁ、無事に一命を取り止めて本当に良かった。

それぞれの未来

シノリン、やっぱりね。能登に帰るって言うと思ってたよ。サクラはどうするんだろう?とずっと気になってたけど、「ペルソナでみんなを繋ぐ」と聞いて、ホッとした。サクラと今橋先生はペルソナにずっと居てくれるんだろうな。安心安心。

下屋と白川がまさかくっついちゃうの??なんてゲスなこと思ってしまって、自分の安っぽさにゲンナリ。同期として、男女関係なく支え合っても良いじゃない。そうよそうよ。すぐに色恋沙汰にもっていこうなんて、ワイドショーの見過ぎだわ。

シノリン、白川、小松さんとペルソナを旅立ったけど、新井先生戻ってきてくれたし、みんな前向きに自分の道に進んでて良い最終回だった。

メアリージュンは元気そうで、インティライミも一生懸命育児に参加してるようだったし(笑)

ドラマ「コウノドリ2」11話のヤフー感想

・毎週感動させてくれてありがとう! 小松さんと四宮先生とサクラ先生が 抱き合って本気泣きしてましたね。 来週から観られないなんて寂しいです。 また続編があることを期待します。

→寂しい!!!私も続編希望!小松さんがどんな施設を作るのか気になる。お母さんのように助産院にするのかな?そして更にプラスα産前産後のケアハウスみたいな?

・コウノドリを見ていると生まれて来る命は奇跡と思います。 結婚し妊娠出産 当たり前と思っていた自分 命の奇跡 良いドラマですね。

→命が奇跡だという事を忘れがちだけど、奇跡の積み重ねで、みんな大切にされるべき存在なんだと気付いたり再認識するのによい機会となりました。

Wrap up!by パッショノン

  • 金曜ドラマ「コウノドリ2」11話の視聴率は
  • シノリン、能登に帰る。
  • 小松さんもペルソナを辞めて、自分の夢を叶える事にする。
  • 新井先生帰ってきてくれた!
スポンサーリンク