ドラマ「陸王」第6話の視聴率とあらすじ・感想・ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年11月26日放送、ドラマ「陸王」6話の視聴率とあらすじ、感想。ヤフーの反応も覗いてみました!

ドラマ「陸王」6話視聴率

2017年11月26日放送、ドラマ「陸王」6話の視聴率は、16.4%でした!(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)

ドラマ「陸王」6話のあらすじ

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。

決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。

みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

ドラマ「陸王」6話の感想

いよいよニューイヤー駅伝がスタートした!茂木って7区じゃなかったっけ?突然6区になってたけど。そこはご愛嬌?

「陸王」デビュー!茂木の力走!

竹内涼真すごくない!?あの走りには感動したよ!フォームが美しい!和田正人はリアルに元マラソンランナーだから、納得の疾走感だったけど、竹内涼真の走り姿に感心したわー。めっちゃ小さい毛塚とめっちゃ大きい茂木のツーショットがなんとも言えない感じ、わかるかな?毛塚じゃ風除けにならないんじゃない?と思ったのよ。

毛塚の前のめりのフォームが気になるんだけど。あれはあれでいいの?怪我しちゃうフラグのためにわざと?青学の原監督が出演しててウケたわ!余談だけど、今年の青学の箱根駅伝の仕上がりはどうかな?楽しみだ。いままで箱根は見るけどニューイヤー駅伝は見てなかった。でも「陸王」の影響で来年はニューイヤー駅伝見ると思う!

区間賞取った茂木よりも、負けた毛塚の方が注目されるのは、現実でもあるあるかな?もっと「陸王」に注目が集まるかと思って期待したんだけどなー。てか、営業先の靴屋の人さ、シューズを扱ってるのにマラソンに関して無知過ぎでしょ!「誰だか有名な人が負けたんでしょ?」って、そんなアホなことあるかい!

メディアは毛塚に注目したけど、マラソン関係者やランナーたちは茂木に注目してたからこそ、「陸王」を履きたいという選手が集まってきたんだよね!パチパチパチ!見てる人は見てるって、まさにこの事だ!!

アトランティスとタチバナラッセル

あははっは!今週も小藪は悪っい顔してたねーwwww

茂木を先に手放したのはアトランティス自身なのに、なんであんなにこはぜ屋の事を目の敵にすんの?ただのライバル企業って感じじゃないよね?

「陸王」を履きたいと言う選手も増えて、これから!って時に、タチバナラッセルからの素材の供給が打ち切られるなんて!なんてこった!!!でも、、、タチバナラッセルの社長の言ってることもわからなくはない。大口契約欲しいよね。

でも、アトランティスの二人とキム兄の商談シーン、小藪とキム兄のツーショットは無しだよね(苦笑)新喜劇か!www

宮沢、あそこでアトランティスにタチバナラッセルのために頭下げるなんて、すごい!普通できないよ。その感動シーンにキム兄の演技ときたら・・・ちーん。

陸王の成長と共に大地も成長してるし、父子の関係も良くなってきてるし、こはぜ屋の行く先が明るい感じする!で、大地は新しい素材を探してくることはできるのか!?

ドラマ「陸王」6話のヤフー感想を覗いてみた!

・資金繰りに商品開発。やっと見つけたダブルラッセルという優秀素材も、アトランティスに奪われ、ほんとに宮沢社長が倒れてしまわないか心配です。見ている方も胃がキリキリしそうです。中小企業の社長って、苦労が絶えない。感動を受け取りながらもどこか対岸の火事のようで、ああリーマンでよかったなとどこかほっとしている自分もいます。

→素材の取り合いとか想像したことなかった。アトランティスとこはぜ屋と、どちらにも卸すってことはルール違反なの?広く使ってもらえればタチバナラッセルにとってはいいよね?でも、そうはいかないから、どちらかの企業を選ばないといけなかった苦渋の選択。経営と人情の間でも(冷静と情熱の間風味)苦しい決断だったろうね。

・タチバナの工場で、アトランティスの2人に、ぜひタチバナの素材を活かしてくださいと頭を下げた社長。なんてカッコイイ経営者、立派な人間でしょうか。企業の看板と資本で威張っている人間など足元にも及ばない、これこそプライドある経営者。本当に感動しました。頑張れ、こはぜ屋!

→宮沢の人柄に脱帽!はじめは「こはぜ屋を潰したいだけだろ」っていう嫌味を言うのかと思ったら、まさかのタチバナラッセルの行く先を案じてだとは。もしかしたらキム兄が「やっぱりこはぜ屋さんと!」って心変わりするんじゃないか?!って期待したけど、そうはならなかった。

・私はミシンが気になる。第一話で壊れて、すごく苦労して古いミシンを見つけたでしょう。でも、あの古いミシンの山も有限なはず。毎回、ミシンが大写しになるたびドキドキして心臓に悪い。合わせてミシンの製造にも着手してほしい。

→ほんと!ほんと!足軽大将のヒットもあって、生産量が劇的に増えてるというのに、大丈夫なんだろうか?職人も若手を育成していかないとヤバイよね?こはぜ屋は資金繰り以外にも問題が堆積してる。なんとか生き延びて欲しい!

・どうもジュピターが私に冷水をぶっかけてる気がする…。この歌、嫌いなのかも…。残念。

→残念だよねー。「ジュピター」という歌自体は素晴らしい歌だと思うの!6話はマラソンシーンだったから、「あれ?これはスポ根青春ドラマだっけか?」と気持ちを誤魔化すことはできたけど笑

Wrap up!by パッショノン

  • ドラマ「陸王」6話の視聴率は16.4%でした。
  • 陸王を履いた茂木が区間賞を取り、毛塚に勝つ!
  • アトランティスがこはぜ屋を潰しにかかってきたー。
  • タチバナラッセルの素材が供給出来なくなる。
  • 陸王を履きたいと言う選手が増える!
スポンサーリンク