ドラマ「コウノドリ2」第7話の視聴率とあらすじ・感想・ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年11月24日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」7話の視聴率は?あらすじと感想をまとめました。ヤフー感想も覗いてみましょう!

ドラマ「コウノドリ2」7話の視聴率

2017年11月24日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」7話の視聴率は、11.4%でした!好調ですね!(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)

ドラマ「コウノドリ2」7話のあらすじ

突然、倒れた小松(吉田羊)。心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。

しかし、詳しい検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。

小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。仲間が見守る中で、小松が出した結論は─

ドラマ「コウノドリ2」7話の感想

6・7話とスタッフ側に焦点を当てた話になったね。いつもあんなに明るくて一生懸命で、皆んなのために頑張ってる小松さんに苦難が訪れるなんて!なんてことだ!そうかー。産科って出産だけが全てじゃないだもんなー。

母になる、母にならない

「母になる・母にならない」望む or 望まないとは関係なく、自分の意思で選択できないこともある。機会が無かった、不妊や病気。妊娠にはタイムリミットもある。小松さんが妊娠を望んでたかは不明だけど、年齢的に諦めはあったんじゃないかな?でも、子宮が無くなってしまうのは全く別問題だよね。

向井さんとは同僚であり友達だけど、3人の子持ちの向井さんと天涯孤独の小松さん。対照的に見える二人の友情と絆に胸が温かくなった。小松さんが単身用マンションで一人で過ごしてる姿を見たし、母親も亡くなり天涯孤独だとも知ってたから、手術後一人ぼっちでどんなに心細く不安だろうか?と思ってたんだ。だから向井さんが訪ねてくれて本当にホッとした。

こんな時に仲間の温かい支えを受けられるのは、小松さんがこれまでに皆んなを支えてきたからだよね。家族以外の人と、「私は一人じゃない」って感じられるほどの絆を築けるってすごいな。

女の人生

小松さん、向井さん、下家、倉崎、それぞれ第一線で働く女性たちの全然違う人生の共通点ってなんだろう?「女性」ってこと以外で。

倉崎ってどう?なんであんなに意地はってるんだ?「私は大丈夫です!」って何度も言うけど、「私は」ってのが気になるなー。娘の存在は置き去りか?夜中に祖母に預けられたり、寝てるところ病院に同伴出勤させられたり、それは酷すぎやしないか?

これもまた、メアリージュンの回とリンクする部分かな?子持ち女性が妊娠出産前と同じ様に働く難しさ。そもそも、「同じ様に」という前提が違うのかもしれない。だって同じじゃないもん。母親になったんだもん。(母親だから、諦めろ、我慢するのが当然という話じゃないよ)

新しい生活新しい人生をどの様に満足するものにしていくか?とても難しいな。

女性しか産めないし、だからと言って女性だから一つしか選んではいけないなんておかしい。仕事も子供も手に入れる方法は?

下谷もこのままいくと仕事漬けで、適齢期は逃してしまいそうだな。。と心配だし。

白川の成長

白川先生、成長してるよね!あの看護師に注意したのって普通のことじゃない?仕事だし、命に関わる事なのに馴れ合いなのはおかしいでしょ。

そもそも、今橋のあのめっちゃ遠回しな言い様が良くないと思うんだけど。私だったら「え?何が言いたいんだろう?」ってモヤモヤするわー。もっと端的にハッキリと指摘すればいいのに。看護師に注意してる姿を見て、そのワンシーンだけのことじゃなくて「傲慢になるな」ってことを言いたいんだろうけど、あれじゃ全く伝わらないよね?優しいだけなのか?自分で気づくのを待つスタイル?なんかモヤモヤしたわ。

ドラマ「コウノドリ2」7話のヤフー感想

・吉田羊さんの演技に、途中からドラマと言うよりノンフィクションを見ているかのような気がしてきました。江口さんとの会話も、本当の友達とのやりとりを見ているようでした。手術する前の小松さんのひと呼吸、とても素晴らしい演技でした。どうもありがとう。

・小松さんだか吉田羊さんなんだかわからない演技。ステキ!

→吉田羊の演技がすごいよね?コミカルな雰囲気も、術前の繊細な演技まで、目が離せない。分娩シーンも本当に小松さんという助産師が存在してるように感じてる。

・空回りしがちな若い女医たちのこころを柔らかくほぐす小松さん。誰よりも、母性に溢れていました。産科のチームは、一つの家族みたいですね。

→小松さん、自分があんな状態なのに、後輩女子二人にすごく優しくて思いやりに溢れてて。強くて優しいひとだなー。小松さんが倉崎の赤ちゃんを抱いてる姿も切なかったなー。きっと素晴らしい肝っ玉母ちゃんになれた人だろうに。

Wrap up!by パッショノン

  • 金曜ドラマ「コウノドリ2」7話の視聴率は、11.4%でした。
  • 小松さんは子宮摘出を決断する。
  • もう我が子は抱けないし、天涯孤独だが、仲間や友達がいる!
  • 四宮は引き抜きか?!白衣を着てないと、ヒラマサさん(逃げ恥)にしか見えない!
スポンサーリンク