ドラマ「コウノドリ2」第6話の視聴率とあらすじ・感想・ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年11月17日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」6話の視聴率は?あらすじと感想をまとめました。ヤフー感想も覗いてみましょう!

ドラマ「コウノドリ2」6話の視聴率

2017年11月17日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」6話の視聴率は、11.0%でした!好調ですね!(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)

ドラマ「コウノドリ2」6話のあらすじ

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。

下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。

患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。

ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった──。

ドラマ「コウノドリ2」6話の感想

神谷カエ役の福田麻由子が大人になってて、ビックリしたのは私だけではないだろう!予告の段階では「6話は中学生が妊娠しちゃった話かな?」なんて思ってたから、まさかまさか23歳に驚いたよ!見てる最中も「へぇー、大人になったんだなー」と思いつつも違和感あったなぁ。

医師側の葛藤

ここにきて、患者ではなく医師側の葛藤が描かれた。下屋は、早く独り立ちしたい!成長したい!という焦りがあったり、神谷カエと意気投合して感情移入しすぎてしまったり。患者の死の責任を重く背負ったり。

まさか、神谷カエが死んでしまう結末だとは思わなかった。緊急事態にはなったものの一命を取り留めるって流れだとばかり思ってたからさ。

私は医師ではないけど、下屋の立場だったらやはり「あの時ちゃんと検査しておけば!」って思うだろうなー。すぐにサクラら四宮に相談しなかったのも、独り立ちしたいという思いが強すぎたのかな?「こういう勘は外れることが多いんだよなー」ってセリフから推測すると、自分の経験値に慢心もあったのだろうか?

でも、下屋だけの責任じゃないよね?ヘルプで行ってたわけだし、そもそもの病院が見落とした?というか。見つかりにくい症状だったようだけど。

自分をあそこまで責めてしまうのは、やはり感情移入しすぎたからかな。結婚式行く約束までしたもんね。

下屋、救命へ行く

総合的に患者を診れるようになりたいと、救命へ異動することにした下屋すごい!すごすぎる!産科のメンバー最高じゃん?あの巣を出て行くの、すごい勇気と覚悟だよね?サクラだって「救命、キツイぞ!」って言ってた。いつもならきっと「キツイ」だろうに、「ぞ!」って語尾で、どれだけキツイのかが伝わってくるものがあったな。

救命は、運ばれてくる患者の状態も厳しいだろうし、あの救命科部長さんを見ただけでも人間関係も厳しそうだ。

でも下屋なら根性で頑張るんだろうね。応援してる!!

小松さん

小松さんの腹痛が気になってた!それに、お腹が膨らんでなかった??気のせいかな?予告では「子宮全摘」なんて言ってたけど。

独身だし年齢的にも、子供を産むことは諦めてるのかな?とは思わなくもないけど、だからといって子宮がもういらないかって言ったら、そんなはずもなく。どうなるんだろう?でも命が最優先だよね。

ドラマ「コウノドリ2」6話のヤフー感想

・下屋先生恋に目覚めたかと思いきや違ったのかw?亡くなった妊婦さんも、乳飲み子抱えて退院したお父さんも切なすぎですね。でも救急に行くという急展開で???って感じ。救急サイドも入れてくんだろうけど、下屋先生の出番が減って、代わりの先生増えるのかな? そもそも救急って相当知識や経験無いと務まらないし、人の生死に常に責任負うとこなのに、この状況で有りなのかねえ…(ドラマで新人が行くのは別にして)。来週以降の流れが気になります。

→救命に行くってなった時は「そうきたか!!」と思った。サクラや四宮に甘えちゃうから、他の病院に移るのかー?くらいにしか想像してなかったもん。救命キツそう。下屋ガンバ!

・重く難しいテーマでした。こはる産婦人科の先生に不安要素を伝え、検査すると聞いたものの気になり、何度かサクラ先生にどう判断すべきかきこうとしたができなかった。不安要素の気づきはありながら、医療判断に迷いがあったことへの無念。下屋先生がやめなくてよかった。

→辞めるどころか、さらなるパワーアップに取り組むなんて、下屋の医師としての覚悟はすごいね!

・出産とは喜ばしい事ばかりでは無い、命懸け、いつどうなってもおかしくない。という事を実感する、二期ですね。。自分が2人の子どもを何事もなく出産出来たのは奇跡なんだと思いました。

→5話では死産で、6話は母体の死。元気に生まれてくるのが当然だと思っていちゃいけないんだよね。コウノドリを見た後は、我が子を抱きしめたくなる。今回の続編では医師の多忙さや人手不足、葛藤も描かれていて、病院行って医師が不愛想だろうと文句言っちゃいけないな。なんて思ったりしたわ。

Wrap up!by パッショノン

  • 金曜ドラマ「コウノドリ2」6話の視聴率は、11.0%でした。
  • 福田麻由子が、大人になっててビックリ!
  • 下屋が診ていた妊婦が死んでしまう。
  • 自分の力不足のせいだと責任を感じた下屋は、救命科に異動する。
  • 産科に新メンバー加わる!
  • 次回、小松さんの病気が発覚する!?
スポンサーリンク