ドラマ「コウノドリ2」第5話の視聴率とあらすじ・感想・ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年11月10日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」5話の視聴率は?あらすじと感想をまとめました。ヤフー感想も覗いてみましょう!

ドラマ「コウノドリ2」5話の視聴率

2017年11月10日放送の金曜ドラマ「コウノドリ2」5話の視聴率は、10.6%でした!前回よりは少し下げてますが、それでも好調ですね!(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)

ドラマ「コウノドリ2」5話のあらすじ

サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れた妊娠27週の妊婦、西山瑞希。診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。同じく切迫早産で入院している妊婦、七村ひかるの病室に小松(吉田羊)が瑞希を連れてくる。同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなるが、そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が…

白川(坂口健太郎)が見ているベビーは下屋(松岡茉優)が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太くん。翔太くんは早期に手術の必要があるが、両親は帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋(大森南朋)に手術をしないと告げる。赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋はある行動を起こす─

ドラマ「コウノドリ2」5話の感想

5話は泣いた、泣いた、泣いた。泣き疲れるくらいに泣いてしまったよー。めっちゃ泣いた人多いんじゃない?これは泣くよね。はぁ、感想と言ってもなぁ。感想書くのもしんどい・・・

切迫早産

27週で切迫早産の西山瑞希を演じた、篠原ゆき子の演技がすごかったね。名女優さんだ!

切迫早産だった人の話を聞くことあるけど、入院までいかなくても「トイレ以外は動かないで」ってくらい絶対安静なこともあるんだもんね。入院しても2ヶ月近く安静にしていないとダメだなんて、大変だ。点滴も痛々しかったし、何より退屈との戦いになりそうって思った。そんな時に、同室に同じ境遇で気の合う人が居たらすごく嬉しいよね!

32週まで頑張って、あともう一歩だったのに。こんなことになるなんて。胎児が死んでしまったこともとてもショックで涙したけど、死んでても通常通り産むしかないってことに、あまりの切なさに涙が止まらなかった。

西山瑞希のあの「なぜ?」という疑問と悲しみが、ひしひしと伝わってきてさー。もう、掛ける言葉がないよね。サクラの目の下のクマとか、綾野剛の役作りには本当に感心するわ!

小松さんが「頑張れ!」って声掛けるの、他の看護師に窘められたけど、そんにおかしいかな?赤ちゃんの生死に関係なく『産む』そのものに「頑張れ!」って応援するの、変じゃないと思うんだけどな。小松さんの「器用な助産師じゃないから、いつも通りのお産しかできない」というのも、生死に関わらず、母子を扱ってくれて有難いと思う。産後に西山瑞希を抱きしめる姿とか、死産の場合戸籍に残せないという辛いことも、きちんと伝える姿、小松さん好きだわー。私が出会った助産師さんはみんな良い人だったけど、小松さん級の人はなかなかいなよね。

なんとなく、結婚→妊娠→第一子出産→第二子出産って流れが当たり前だと思ってる自分が居て。その妊娠出産も、自然に妊娠して、みんなに祝福されて五体満足で健康な子が生まれてくるものと思ってる節もある。でも、そうじゃないんだよね。当たり前だと思ってることが当たり前ではなく、奇跡の連続なんだってこと、5話で思い出させてもらえた。

四宮のサポート力!

四宮先生、すごいスタッフサポート力じゃない?サクラや下屋を、理路整然としながらもしっかり理解して、適切な言葉がけやアドバイスしてさ。そんなキャラだった?

続編になってサクラの優しさが仇となってる感や、スタッフが疲弊してる感あるけど、四宮が冷静に理論的に調整してる感じする!時々、四宮なのかヒラマサさん(逃げ恥)なのか混乱するわ!四宮が医療に情熱を持ってることは知ってたけど、スタッフにもちゃんと気を配ってることに感動するばかり。あとは、小松さんにもう少し優しくして欲しいよね(笑)

医者は簡単に謝っていいのか?

5話でサクラは西山瑞希に、胎児の異変に気が付けずすみませんでした。と頭を下げ、下屋も緊急帝王切開した母親に「説明不足ですみません」と頭を下げ。これ、ダメだよね?医療ミスと勘違いして医療訴訟に発展しかねないんじゃないの?とハラハラしたわ。

緊急帝王切開になった夫婦の「お腹の中で看取る」という発想は、さっぱりわからなかったなー。胎児をそのまま助けないってどういうことよ?それに障害が残るかどうかも生まれてみないとわからないのに(可能性は高いんだろうけど)その後の手術するかどうかについては、何とも口出しできないけど。これで医者が(下屋が)謝ってたら医療現場は成り立たないよね。特に救命とかさ。

サクラが西山夫婦に謝罪したのは、「妊婦の圧を下げるためだ(by四宮)」らしい。妊婦からしたら「自分の安静さが足りなかったのでは?」「入院までしていたのに何故?」本当にそう思うよね。見てた私も「入院してたのに?なんで?そんなにわからないものなの!?」と思ったもん。

とはいえ、あの場で謝罪したのはやはり危険だと思ったなー。西山夫妻が冷静な人たちで良かったよ。「誰かのせいにしないとやりきれない!!」って思考回路だったら、訴えられちゃうよね。

ドラマ「コウノドリ2」5話のヤフー感想

・どの回もほんとうに考えさせられ、泣かせますが、特に今回は泣きました。そして、子供が健康に生まれ、ぐんぐん育っていることの幸せを思い出させてくれました。あのご夫婦なら、きっといつかしあわせになりますね。心からそう願います。

→幸せになってほしいーーー。西山夫妻のプリン食べたいわー。どの子もどの人も、みんな奇跡なんだよね。大切にされるべき存在なんだってこと、忘れちゃいけない。

・経験者です。周りにも複数死産した方がいました。妊娠出産は普通にできると思われがちですが、奇跡です。死産の後抱っこしたり、しっかり顔を見てかわいいと言ってもらったり、限られた時間の中でもそうすることでその子を受け入れることになる。そして子どもを受け入れることが、死産を受け入れることにつながっていく。今回のドラマは、悲しいだけで終わらせず心の救い方も描いてくれた。もしこの放送を視た当事者の方がいて、もし救われる一助になったのならいいなぁ…。

当事者は周囲からの軽率な言葉に傷つきます。死産という現実があると知らせてくれたことに感謝します。子をもたない女性に、軽々しく妊娠や出産について聞いたりしないでほしいと思います。子どもをもたないのには、それぞれの事情があるのですから。

→そうかー。そこまで考えや思いやりが行き届いてなかった、反省だ。不妊かな?とは想像しても、流産や死産までは考えが及ばなかった。これを機に人の妊娠出産には踏み込まないことにする。

・同じくらいの週数、同じ経験をしました。宣告を受けて…そのまま、ずっと性別確定してなくてやっと女の子ってわかって、最初で最後の洋服買いに行きました。入院から出産、一緒に過ごしたほんの僅かな時…全てが思い出されて胸が締め付けられるってこういう事なんだと苦しかった。

・私自身、切迫早産ではないですが1ヶ月以上入院し、ずっと点滴生活で腕は針の後でアザだらけ。同室の方と仲良くなったりもしました。でも、その末後期流産してしまいました。分娩室で産声の無い赤ちゃんを取り上げてくれた助産師さんは普通の出産のようにして下さり、小松さんのように沐浴や手型足型、写真撮影などなど色々させてくれました。今回のエピソードに限らずコウノドリの色々なエピソードに共感しながら見ています。産院でのリアルなエピソード、重いテーマもありますが良い作品だと思います。

→5話のヤフー感想は、同じ体験をした方々がたくさん書き込みされていたのが印象的だった。辛い経験をした方々が、今は幸せに暮らせていますように。

・第5回。『お腹の中で、自然に看取る。』という選択肢・・・。そんな言葉がこの世の中に存在する。強いショックを受けて、心が真っ白になりました。西山さん夫妻のようなエピソードを取り扱った映像作品を、生まれて初めて見た(実生活でも初)ので、なかなか気持ちの整理が付かないです。

→私もー。気持ちの整理がつかないというか、悲しみがフラッシュバックするというか。5話見てから少しナーバスになってるわぁ。それにヤフー感想みてると、同じ経験された人がたくさんいるようだから、「ドラマ用のレアケース」ってわけでもないんだよね。

Wrap up!by パッショノン

  • ドラマ「コウノドリ2」5話の視聴率は10.6%でした。
  • 切迫早産で入院していた西山瑞希は死産してしまう。
  • 無事に生まれてくることは奇跡だと思い出させてくれる回だった。
  • 四宮が影の力持ちのごとく、サクラや下屋をサポートしている!
  • 白川がとても頼もしい医師に成長している。
スポンサーリンク