トランプ大統領のゴルフの腕前とスイングを松山英樹はどう評価する?

スポンサーリンク


トランプ大統領と安倍首相の外交ゴルフが2017年11月5日に霞が関CC(埼玉県川越市)で予定されているようですが、そこに松山英樹も参加するようですw

トランプ大統領は不動産オーナーとして数多くのゴルフ場を所有するだけでなく、ゴルフの腕前も相当なものだと評価されているようですが、スイングもプロ級なのでしょうか?ということでまずはトランプ大統領のスイング動画を見てみましょう!また、松山英樹はトランプ大統領のゴルフの腕前やスイングをどのように評価するか?を、個人的に予想してみたいと思います。

トランプ大統領のゴルフの腕前は?

ゴルフの腕前で1番わかりやすい数字は、アベレージスコア、もしくはハンディキャップ数です。ハンディキャップについてですが、トランプ大統領のハンディキャップは2.8!シングルというより、片手シングルの腕前のようです。ちなみに、アマチュアゴルファーの中で、シングルハンディキャップの人は全人口の5%から7%の割合とのこと。これを見ればトランプ大統領のゴルフの腕前はかなり凄いということがわかります。

ちなみに安倍首相はアベレージゴルファー取ったスコアで、平均90台、調子が良いと80台でラウンドするとのことです。トランプ大統領とは腕前にかなりの差があるようですが、安倍首相も結構ゴルフ上手ですよね。アマチュアゴルファーでも100切れる人は30%しかいないようですし、安倍首相もアマチュアゴルファーの中では上手な方だと思いますよw

トランプ大統領のスイング動画紹介

トランプ大統領のスイング動画を見つけたのでちよっと紹介してみます。確かに、スイングはしっかりとしていると思います。変なクセも見当たりませんし、フィニッシュでしっかり左腰も回ってます。前傾角も変わらず安定したボールが打てるスイングだと思われます。

ちなみにトランプ大統領の身長は191cm、ドライバーは250ヤードは飛ばします!年齢が71歳ということを考えると、これは驚異的です。やはりゴルファーは高身長の方が飛距離で有利のようですねw

トランプ大統領への松山英樹の評価予想

トランプ大統領と安倍首相が外交としてゴルフをすることはこれまで通りといえばその通りなのですが、今回はなんと松山英樹も一緒にラウンドするようです。トランプ大統領もゴルフ大好きの人ですから、当然PGAツアーも良く見てると思います。当然、松山英樹のこともよく知ってると思いますよw

プレジデンツカップでは直接会ってますし、もしかしたらそこで日本に行ったときはゴルフを一緒にしよう、なんて会話があったかもしれませんね。

さて、トランプ大統領と安倍首相、松山英樹のラウンドについてですが、ラウンド後の感想を1番聞きやすい人は誰でしょう。もちろん、松山英樹しかいませんよねw

そこで必ず松山英樹は、トランプ大統領と安倍首相のゴルフの腕前はどうだった?と聞かれるはずです。その時の松山英樹の回答を予想してみましょう。

①トランプ大統領のゴルフの腕前について

「トランプ大統領のスイングは素晴らしく、飛んで曲がらないお手本だと思います。コースマネジメントはピンを積極的に狙っていくことが信条のようですが、見習うところもあると思いました。」

②安倍首相のゴルフの腕前について

編集の都合でカット(笑)

ということで、ラウンド後の松山英樹のコメントに注目です!w

Wrap up!by パッショノン

  • トランプ大統領のゴルフの腕前は、ハンディキャップ2.8とアマチュアゴルファーの上位5%に入る凄腕である
  • トランプ大統領のスイングは安定感があり、シングルハンディキャップの持ち主だということに疑いの余地は無い
  • トランプ大統領と安倍首相、松山英樹のラウンド後の松山英樹のコメントに要注目ですw
スポンサーリンク