「陸王」キャスト 風間俊介が演じるのは銀行員「坂本太郎」

スポンサーリンク


「陸王」のキャストの一人、風間俊介が演じるのは銀行員の「坂本太郎」という人物です。町工場や中小企業と銀行と聞くと、意地悪で高圧的な銀行様!ってイメージありませんか?風間俊介演じる「坂本太郎」はどんな役所なのでしょうか?注目してみました!

風間俊介プロフィール

  • 生年月日:1983年6月17日
  • 出身地:東京都
  • 身長:164cm
  • 血液型:A型

・1997年
中学2年生の時にジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.として活動する。

・1999年
TBS系ドラマテレビドラマ「3年B組金八先生第5シリーズ」に出演する。日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞受賞。

・2011年
10月ドラマ「それでも、生きてゆく」ザテレビジョン第70回ドラマアカデミー賞・助演男優賞と第66回日本放送映画藝術大賞・優秀助演男優賞を受賞する。

・2013年5月
一般女性と結婚する。

風間俊介はジャニーズを代表する演技派だということが、経歴からわかります。金八先生の兼末健次郎役や印象深いですよね!金八先生が泣きながら、力一杯ビンタするんですよ!覚えてます?何より健次郎本人よりも、健次郎の引きこもりのお兄ちゃんが衝撃的すぎたwww

プライベートでは、結婚してるんですね!休みの日は自宅に引きこもって、読書やゲームに没頭してるらしいです。反面、ディズニーランドが大好きでかなりのマニアなのことは有名ですね。

「陸王」銀行員・坂本太郎とは?

風間俊介は「埼玉中央銀行融資課の銀行員・坂本太郎」を演じます。坂本は、こはぜ屋の将来を考え、新規事業を始めるべきだと宮沢(役所広司)に提案する重要な役どころです。

お!意地悪銀行員ではないんですね!こはぜ屋の味方の役柄のようです。しかし、銀行内での争いに立ち向かわなければいけなくなりそうです。

坂本が推進するこはぜ屋の新規事業に対して、懐疑的な見方をする大橋(馬場徹)や、坂本とはこはぜ屋の新規事業のことで方針が合わず、宮沢らのことを面白く思っていない埼玉中央銀行行田支店の支店長・家長亨(桂雀々)との、逆境にどう立ち向かうのか?見所の一つです。

宮沢らに融資できると言ったのに、上司の許可がおりずにやはり融資できません!すみません!THE涙の土下座!みたいな事が起きそうな予感。(あくまで私の勝手な予想です)

こはぜ屋起死回生の「陸王」開発には、銀行の融資は必要不可欠です!融資がなければ新規事業も頓挫してしまいます。坂本太郎の頑張りが、こはぜ屋の命運を握っていると言っても過言ではないはずです。頑張れ!坂本太郎!

こはぜ屋vs銀行・銀行内での内部政治や軋轢。男たちはそれぞれの立場で、どのように戦っていくのでしょうか?熱いドラマになりそうです。

風間俊介のコメント

台本を読んでみて、登場人物それぞれが奮闘しながら立ち向かっていくんだろうなという熱い日々のスタートを感じました。一人一人が命がけで自分の仕事に立ち向かっているので、僕もこのドラマを本当に命がけでいきたいなと思います。銀行員役は初めてなので、最初お話が来たときに、髪が耳にかからないよう言われたので、久しぶりにばっさりいきました。役所さんをはじめ皆さんが撮影しているのを見て間違いなく面白いと感じたので、是非一話から欠かさずに見てもらえたらと思います。

気合の短髪!キリッと似合ってますね!ベテラン俳優、竹内涼真や山崎賢人という旬の俳優が顔が揃える中、風間俊介はどんな演技を見せてくれるのでしょうか?今から楽しみです。

Wrap up!by パッショノン

  • 「陸王」で風間俊介は坂本太郎役を演じます。
  • 坂本太郎は、こはぜ屋に新規事業を提案する重要な役です。
  • 坂本と折り合いの悪い支店長らとどう戦うのか?
  • 頑張れ!坂本太郎!
スポンサーリンク