ドラマ「陸王」第1話の視聴率とあらすじ・感想・ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年10月15日放送、ドラマ「陸王」1話の視聴率とあらすじ、感想。ヤフーの反応も覗いてみました!

ドラマ「陸王」1話視聴率

2017年10月15日放送の1話の視聴率は14.7%でした!好発進ですね!(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)

ドラマ「陸王」1話のあらすじ

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。 そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。

突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地(山崎賢人)とともに豊橋へ向かった。

ドラマ「陸王」1話の感想

初回2時間スペシャルということで、そんなに集中して見てられるかな?なんて思ってたのに、みるみるうちに入り込んじゃって、2時間あっという間だった!ストーリーはもちろん面白いことに加え、俳優陣の演技のすごいこと!特に役所広司、はぁ凄い。見入ってしまうね。宮沢を筆頭に、みんながあまりに一生懸命だから「私にも何かできることはないか!?」って思って見ちゃった。(ドラマだというのに笑)

竹内涼真の「まだ走れる!」

私の涙ポイント一発目が、開始早々の茂木裕人(竹内涼真)がラストスパートで足を怪我してさ。それでも走ろうとしてて、同僚役の和田正人に止めれれるシーン。「俺はまだ走れる!」ってところ。感動しちゃった。マラソンシーン、かなりの速さで走ってたね!トレーニングしてたことがビシビシ伝わってきた。

開始早々に感動ポイント鷲掴みにされちゃったから、ドラマへの期待度ガンガン上がってしまって。前のめりで見てたわ。

ところで、「ミッドフット着地走法」について。へええええ!!って驚かなかった?シューズのソール、特に踵が厚くなればなるほど、それだけ踵から着地するのことが大切なんだろうなーくらいに思ってしまっていたのよ。違ったのね。

坂本太郎という同志

銀行員の坂本太郎、頑張ってくれてたねー!風間俊介、やるな!泣いてもーたわ。銀行って本当にあんな感じなの?だいたいどのドラマも融資課ってあんな感じで描かれるよね?誰彼見境なく同情だけで融資するわけにはいかないのはわかるけどさ。内部政治的な事なんかも、見ててエグいわー。

こはぜ屋で坂本が宮沢に「申し訳御座いませんでした」と言った時の坂本太郎が、苦しくさー。一緒に歯食いしばっちゃったわ。坂本太郎は島流しにあっちゃったけど、今後どうなるんだろう?かなり重要なキーマンだと思うんだけど、転勤先から復活してくるのかな?

こはぜ屋を訪れた大橋が初っぱな坂本をなじったり、「お前からもお詫びしろ!」って坂本に頭を下げさせた時に、宮沢が強く止めなかったからさ。ああ、融資は受けたいだろうし、シューズの開発も上手くいってないし、新規開発の件後悔してるのか?と思ったのよ。

だけど宮沢がさ「私の同志を馬鹿にするのは止めていただきたい!」って怒鳴った時。はい!泣きスイッチ入りましたー!胸が熱くなったよね。坂本太郎、早く戻ってきてほしい!そして、大橋めっ!覚えてろ!今に見てろよ!ギャフンという用意しとけ!

アトランティスと茂木裕

はぁ、小籔。むかつく感じ上手いなー。芸人枠って今や必須なの?でも、小藪のムカつく感じ、たまらなくムカついたわ。シューフィッターの村野はさ、宮沢が持って来た足袋シューズを手に取って「おやっ?」って顔したじゃん?でも、佐山(小籔)がゴミ箱に捨てちゃっても拾いはしないんだなー。って思わなかった?

私はてっきり、ゴミ箱から拾って、こはぜ屋を訪ねて行くところから物語が急展開していくのかな?なんて予想してみてたけど、そんなことなかったね。むしろ掃除のおばちゃんGOOD JOB!茂木の手元に「陸王」は届いたわけだけど。履いてくれるんだろうか?

王様のブランチ(TBS)で役所広司が「茂木くんがさっさと履いてくれれば5話で終われるのに(笑)」って言ったからな。茂木がなかなか履いてくれなくて苦戦するんだろうね。 今後の展開が楽しみで、日曜日が待ち遠し!

ドラマ「陸王」1話のヤフー感想を覗いてみた!

関西弁=嫌な奴のプロパガンダ。内場さんの役は大阪の人間という設定なので自然ですが、埼玉舞台のドラマにわざわざ関西弁の役者。しかも敵メーカーの営業、融資を渋る支店長、リストラの噂にわめき散らすパートのおばさん‥意図的な配置か?

→わ!本当だ!悪役?は関西人ばかりだね。標準語だと冷淡な印象が強くて、関西弁のイントネーションがネチっこい雰囲気を出しやすいのかな?

大好き!役所さん、めっちゃ惹き込まれる!前のめりになって観ちゃいました。風間くんもつぶらな瞳で素晴らしい銀行員さん演じてた。竹内涼真さんのマラソン選手も圧巻のレースで感動でした。終盤で倒れた時の迫力も良かったです。

→全く同感!茂木が倒れる瞬間「危ない!!!」って叫んでしまった。あの速度でコケる演技、勇気いたかな?竹内涼真の演技にも注目していきたい。

役所さんの自然で奥行きのある演技はいつ見ても素晴らしいですね。ついつい感情移入してしまいました。阿川さんも肩肘張らず予想外(?)にいい味出してました。普段からきっとああいうキャラなんでしょうね(笑)。

→阿川さんって、ああいう演技するんだね。初めて見たから新鮮だったのと、「あれ?佐和子の部屋のまんまな感じ。すごい自然」って感想。

頑張りたい人たちを見ていると素直にがんばれ!と言いたくなる。お金さえあれば頑張れるのに…履いてくれる人さえいれば頑張れるのに…色んな障害にぶつかりながらそれでも走ろうとしている人たちを応援したくなる。

→私も応援してる!

折角のリアルな演技のドラマに吉本芸人が出演してガッカリ?吉本のイメージが常に他のアクの強い芸人の顔が浮かびドラマのイメージを台無しにしてしまった。

小薮が出てるなら視ない小薮さんは吉本からの押しで出てるんですか?関西の方々は小薮さんが出ると喜ぶものなんですか?少なくとも関東で小薮さんは好かれてないと思います。

→おおお。アンチ小籔がけっこう多くて驚いた。なかなかいい味出してると思ったんだけど。小籔や嫌がだから見ないのは勿体無いなー。むしろ、私はジュピターの挿入歌の方が違和感たっぶり感じた。あそこで、ジュピター?しかもカバー?って。(小籔全然関係ないけどwついでに言っといた)

Wrap up!by パッショノン

  • ドラマ「陸王」1話の視聴率は14.7%でした。
  • こはぜ屋は経営難を乗り越えるため新規事業に取り組む。
  • 茂木裕人は足を故障してしまった。新たな走法を模索するようだ。
  • 宮沢はリストラではなくランニング足袋の開発続行を選んだ。
スポンサーリンク