才賀紀左衛門の元嫁画像と離婚理由は?浮気とオネエ疑惑が原因?

スポンサーリンク


才賀紀左衛門が寿るいとの浮気を週刊誌にパパラッチされてしまい、あびる優と離婚危機か?なんて話が沢山ネットに転がっていそうな今日この頃ですが、才賀紀左衛門はバツイチのようで元嫁との離婚理由を調べたところ、浮気が原因らしい?といった話や「オネエ」疑惑まであるではありませんか!もう1つ気になる才賀紀左衛門の元嫁画像も調べてみました!

才賀紀左衛門とは誰?

才賀紀左衛門インスタグラムより

そもそも才賀紀左衛門って誰?という方も多いのではないでしょうか。才賀紀左衛門は日本のキックボクサー、総合格闘家で大阪府堺市出身です。才賀紀左衛門という名前はリングネームなのか?と思ったのですが、この名前は本名のようです!名前もかっこいいですが容姿というかルックスも格闘家の中では上位レベルですよね!これくらいのルックスが無ければあびる優とは結婚できないですよね!というくらいにはイケメンです。

才賀紀左衛門と元嫁の離婚理由は浮気?

才賀紀左衛門は元嫁と10代の頃に結婚して、22歳のときに離婚しています。しかも、子供は2人いたようですが親権は別れた元嫁が持っていきました。

若い頃から相当ヤンチャしていた才賀紀左衛門ですが、格闘家なんて目指すくらいですからヤンキー気質があったのでしょうか。あびる優が才賀紀左衛門と結婚を発表した時も周囲からは大丈夫か?という反応もありましたが、結局のところ人間の本質はそう変わらないようで、今回の才賀紀左衛門の浮気発覚となりました。

そうです、才賀紀左衛門が元嫁と離婚した理由は、浮気です。真偽は不明ですが才賀紀左衛門がホステスを家に連れ込んで元嫁とバッタリ、みたいなゲス不倫というか昼ドラに出てきそうなシーンもあったみたいですよ!そんなわけで離婚した才賀紀左衛門ですが、反省の弁を述べていたのでご覧ください。

絶対に大切な人は裏切ったらアカンな!自分の人生22年で一番大切な人を失ったけど勉強になったわ

えーと・・・才賀紀左衛門は頭ではわかっていても理性というか本能には逆らえない人なのでしょう(笑)それくらいのパワーが無いと格闘家なんて務まらないのかもしれませんね(適当)

才賀紀左衛門の元嫁画像とは?

才賀紀左衛門の元嫁ですが、若くして離婚している一般人の方なので残念ながら画像は残っていないようです。才賀紀左衛門が現在28歳なので今から6年前?位の出来事。週刊誌も流石にマイナーすぎて追っかけていなかったのでしょうw

あびる優との画像は沢山あったのでこちらに置いておきますね・・・

才賀紀左衛門のオネエ疑惑とは?

才賀紀左衛門が実はそっち系の人でオネエだという疑惑があるようなんですよ。そのきっかけとなったのが、井深克彦の発言です。井深克彦はスーパージュノンボーイコンテスト出場経験もあるのですが、実はオネエだったと過去に「有吉反省会」にてカミングアウト!

テレビでは当然気になるので、誰と付き合ったことあるの?という質問が飛びますよね。司会の有吉は「今まで有名な方とお付き合いした?」と質問したところ、井深克彦は「人気モデルの旦那さん」と答えました!しかも、その後分かった追加情報は以下です。

  • モデルの旦那
  • 色黒ではない
  • 有名格闘家
  • 有吉曰く、「あれモデルだもんな」

格闘家で芸能人が嫁、という時点でかなり絞られてますが、あびる優と才賀紀左衛門はドンピシャコンビです。また、モデルかモデルでないかビミョーなラインの芸能人ということで、確かにあびる優が当てはまる気もしますよね!

あびる優は最近ではタレントという印象が強いですけど、経歴を見ると「おはガールグレープ」の一員として芸能界デビューした後、CD・DVD・写真集・トレーディングカード等を発売するなど最初はモデルのような仕事が多かったみたいですね。それが有吉の「あれモデルだもんな」発言に繋がっている気もします!

最後に才賀紀左衛門は肌は色黒ではないので、かなりの高確率で才賀紀左衛門のことを指しているのかと思われます。才賀紀左衛門はバイなのかもしれません・・・え?まじ?w

もし才賀紀左衛門とあびる優が離婚するとなれば恐らく浮気が原因になりそうですが、もしかしたら才賀紀左衛門がバイだったから・・・なんてこともあるかもしれませんねー

Wrap up!by パッショノン

  • 才賀紀左衛門はバツイチで、元嫁とは10代で結婚して子供は2人いたが、自身の浮気が原因で離婚している。
  • 才賀紀左衛門は離婚後、「絶対に大切な人は裏切ったらアカンな!自分の人生22年で一番大切な人を失ったけど勉強になったわ。」と語っていた模様。なお・・・
  • 才賀紀左衛門にオネエ疑惑あり!きっかけは井深克彦が有吉反省会でカミングアウトしたから。
スポンサーリンク