「陸王」の新キャストに和田正人!竹内涼真の同僚役として登場!

スポンサーリンク


陸王の新キャストが発表されました!和田正人が竹内涼真の同僚で陸上部のチームメイトとして登場します!和田正人と言えば、校閲ガールや黒革の手帖でオネエ役を好演していた印象が新しいですよね。今作「陸王」ではどんな顔を見せてくれるのでしょうか?楽しみです!

和田正人のプロフィール

  • 生年月日:1979年8月25日
  • 出身地:高知県
  • 身長:172cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:ワタナベエンターテイメント

2004年7月
「第1回D-BOYSオーディション」に出場。特別賞の受賞により同年10月、D-BOYSに加入。しかしオーディションへの参加条件である年齢制限を上回っていたため、生年を1982年と偽っていたことが後に発覚し、涙の謝罪会見を行う事となる。

2005年1月
「ミュージカル テニスの王子様」の千石清純役で本格的に俳優デビューを果たす。

和田正人は箱根駅伝も経験した元マラソン選手!

今回、陸王への出演がきっかけで和田正人が元マラソン選手だったことを知った人も多いのではないでしょうか?私もその一人で、「ええええ!和田正人って箱根駅伝にも出てたの!?」と驚きました。和田正人のマラソン選手としての経歴を見てみましょう!

  • 中学時代に陸上競技での実績が評価され、推薦入学で高知県立高知工業高等学校日本大学文理学部体育学科へと進学する。
  • 2000年大学2年生、第76回箱根駅伝で復路9区を走り区間9位を記録。このとき、日大チームは総合5位に入る。
  • 2001年大学3年生、この年は大会直前に怪我をし残念ながら出場できなかった。
  • 2002年大学4年生、第78回箱根駅伝で復路9区を、区間記録第5位の1時間10分52秒で走り切った。
すごいですね!箱根駅伝9区と言えば最長距離コースで、各大学の顔が選ばれる準エース区間ですよ!それを2年生、4年生と2回出場し、主将としてチームを引っ張りながら好成績を残しています。素晴らしいマラソン選手だった事がわかりますね!

和田正人インスタグラムより

しかも、このイケメンぶりです!もっと話題になっても良かったと思いませんか?当時はまだSNSなども普及しておらず、知る人ぞ知る存在だったのかもしれません。現在だったら、出走前からファンクラブができそうですよね!

  • 大学卒業後は日本電気(NEC)に就職する。
  • 2003年入社してから2年目、日本電気の陸上部は経費削減のため廃部となる。
  • 廃部通達を受けた当日「オレ、俳優になる」と宣言しオーディション雑誌を手に取った。それから現事務所に所属が決まるまでの1年間は、芝居の勉強をしつつ、アルバイトなどもやっていた。
  • 2006年4月、バラエティー『DD-BOYS>』第1話では、箱根駅伝往路108kmマラソンに挑戦、完走した。
え?!一人で箱根を走破したんですか??すごいですね!もし、実業団の廃部がなくマラソンを続けていたら、どんな素晴らしい選手になっていたんでしょうか?他には、
  • 2008年2月17日、東京マラソン2008に出場し完走している。
  • 『オールスター感謝祭』の赤坂5丁目ミニマラソンにも出場いている。
実業団の廃部をきっかけに俳優を志したようですが、なぜ俳優だったのでしょうか?他のチームに移籍するのは難しい世界なのでしょうか?和田正人が俳優を目指した理由として、
  • もともと目立ちたがり屋で「華やかな世界で活躍したい」という気持ちを持っていた。
  • 怪我で走れない時期の悔しさが身にしみていた和田は、「死ぬまで上り詰めることができる」ことに魅力を感じ「オレ、俳優になる」と宣言した。
と言われています。ですが、これだけでは、なぜ俳優を選んだのか説明には乏しい感じがしますね。ただ、マラソンで培った忍耐力と根性で地道に俳優業と向き合ってきたことは、和田正人を見てればわかりますよね。和田正人の名前は知らなくても、顔はわかる。「この俳優さん、この前もドラマで見たな?」と確実に記憶に残る存在感がありました。

それが、今では「校閲ガール」や「黒革の手帳」などで注目を浴び、今期は「陸王」で竹内涼真の同僚役という大きな役柄を掴む事ができました。

年齢を偽ってでもオーディション合格を目指す根性があり、地道に俳優業と向き合い演技力を磨いてきた忍耐力が実を結んだと言えるでしょう。

「陸王」のキャスト、和田正人は竹内涼真の同僚役

「校閲ガール」「黒革の手帳」とオネエ役が続いていた和田正人ですが、2017年10月期のドラマ「陸王」では、竹内涼真が所属する実業団のチームメイトとして出演することがわかりました!

平瀬孝夫 役
竹内涼真演じる茂木裕人が所属する実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員で、チームへの気遣いができる、マラソンへ熱い思いを持つチームメイト。

和田正人のコメント

「志半ばで、ニューイヤー駅伝に出場する夢と、実業団ランナーとして生きる道を諦め、『役者』という新たな夢を追い掛けて突っ走ってきたこの道に、まさか再び、実業団ランナーとして駅伝を目指すチャンスが与えられるなんて。本当に人生は面白いものだなと、どこか運命めいたものを感じています。

僕が演じる平瀬という役には、くしくも僕自身がランナーとして経験をした、栄光と挫折、苦労や悩みがたくさん詰まっています。汗と涙で濡れながら、必死に生きた時代の一つ一つのドラマを、平瀬と共に、当時よりもより熱く生きられたらと思います。『チーム陸王』の諦めない走りを、最後まで見届けてください!!」

舞台「風が強く吹いている」では、ランナー役を演じていましたが、「陸王」でもそのマラソン経験はいかんなく発揮されそうですね!しかも実業団の一員の役柄ですよ!こんな適任適役あるんですか!?あるんです!!経験に基づく、迫真の演技が期待できますね!

「陸王」のキャスト発表!あらすじは?役所広司、竹内涼真出演!

2017.09.18

Wrap up! by パッショノン

  • 和田正人は箱根駅伝に2回出場している。
  • 大学卒業後に実業団入りするが、くしくも廃部となってしまいマラソンを辞める。
  • 和田正人は廃部をきっかけに俳優を志す。
  • 和田正人は「陸王」で竹内涼真の同僚役「平瀬孝夫」を演じる。
  • 一度は途絶えたマラソンランナーとしての夢に、「陸王」で再び挑戦することになる!
スポンサーリンク