トロロッソ・ホンダで日本人ドライバーが2018年シート獲得?

スポンサーリンク


2018年からホンダがトロロッソにPUを供給することが決まりましたが、トロロッソはドライバーラインナップをどのように考えているのでしょうか?ルノーとのPU契約が切れることやレッドブルとの関係性など、変化点が沢山あるので気になるところではあります。もう一つ、ホンダがPUを供給することでトロロッソになら日本人ドライバーを乗せることができるのではないか?といった憶測もあります。今回は、トロロッソ・ホンダの2018年ドライバーラインナップについて見てみましょう。

トロロッソ・ホンダの2018年ドライバー契約状況

2017年はカルロス・サインツJrとダニール・クビアトというラインナップですが、すでにカルロス・サインツJrには2018年からルノーに移籍するという情報が出ていますね。ダニール・クビアトが来季の契約延長を勝ち取るのかについては、少しは注目されてるかもしれません(笑)

さて、トロロッソというチームについて見てみましょう。トロロッソは1言で言うなら、レッドブルのためにドライバーを育てるチームです。レッドブルの育てているドライバーの中で、F1に乗れそうな資質のあるドライバーがトロロッソに乗ります。その後、さらに1流になれると判断されたドライバーが晴れてレッドブルとの契約を勝ち取ります。まぁ、クビアトとフェルスタッペンの入れ替えみたいなこともありますが、基本的にレアケースと考えて良いでしょう。

このようにドライバーを育てるチームということで、トロロッソは新人が起用されることが多いですが、ここ数年は新人が起用されて来ませんでした。レッドブルの考えとして、現在乗っているフェルスタッペンがかなり若いことや、将来的なドライバー交代の意向が少ないことも影響していると思います。

ですが、状況は大きく変化しました。トロロッソがホンダとPU契約を結んだことで、レッドブルとの関係性なども変わるかもしれません。その1つが来季のドライバー選択です。

トロロッソ・ホンダが日本人ドライバーを起用する可能性は?

トロロッソはカルロス・サインツJrがルノーに移籍するので、少なくとも1人のドライバーを選択する必要があります。通常ならレッドブル育成ドライバー、というかリザーブ契約しているピエール・ガスリーしか候補はいないはずですが、ホンダと契約したことで新たな選択肢が生まれました。それが、ホンダの日本人ドライバーの松下信治を乗せるという選択肢です。

昔も今も、エンジンやPUサプライヤーがお抱えドライバーを乗せるためにエンジンやPUを減額するなんて話が普通にあります。ホンダだって、出来れば日本人ドライバー載せたいと思ってるはずです。そこで、松下信治の名前が上がってます。

松下信治がトロロッソ・ホンダにのる可能性はどれくらい?

松下信治がトロロッソ・ホンダと契約する可能性は実際どれくらいありそうなのか?これは気になるところではあります。個人的には、松下信治がトロロッソ・ホンダと契約する可能性は65%はあるのではないかと思います。

まず1つは、腐ってもPUサプライヤーのホンダが、トロロッソであれば自らの意向を通せるのではないかという希望的観測があります(笑)

次に、ピエール・ガスリーが今頃トロロッソ・ホンダに乗るか乗らないか頭を悩ませている可能性です。レッドブルに乗るために今まで頑張っていたのに、トロロッソ・ホンダになったことで状況は変わりました。もしかしたら、ホンダがトロロッソを買ってワークス体制を築き上げるかも?なんて噂も出ていますね。まぁ、その可能性はかなり低いと思いますが、もしトロロッソ・ホンダに乗って、あとからトロロッソがレッドブルと決別したら元も子もありません。レッドブルとしても、そんな所にリザーブドライバーを出したくないと、躊躇するかもしれませんね!

というわけで、トロロッソ・ホンダの2018年ドライバーラインナップはダニール・クビアトと松下信治で決まりです!いや、決まっていないけど頼むからそうなってほしいです!頼みますよホンダさん!

トロロッソがホンダPU搭載のメリットは?ミッションはどうする?

2017.09.14

Wrap up!by パッショノン

  • トロロッソ・ホンダが2018年に日本人ドライバーの松下信治を起用する可能性がある!
  • というのも、カルロス・サインツJrはルノー移籍が決まりシートが1つ空くから。
  • レッドブルのリザーブドライバーであるピエール・ガスリーはトロロッソ・ホンダとは契約したくないのでは?というのが個人的な予想である。
  • トロロッソ・ホンダに日本人ドライバーの松下信治が起用されることを祈ってます!
スポンサーリンク