インディ500優勝トロフィーに佐藤琢磨の顔が刻まれる!時価3億円!

スポンサーリンク


2017年のシーズンも終わり、佐藤琢磨が2018年にレイホールに移籍することも公になり、佐藤琢磨やインディカーシリーズのファンはひとまず安心といった感じだと思いますが、まだもう少しだけ楽しみは残っています!それが、佐藤琢磨の顔が刻まれたインディ500優勝トロフィーの制作とお披露目です。インディ500の優勝トロフィーなんで実物をお目にかかる機会なんてほとんどありませんよね。そんなチャンスが佐藤琢磨が優勝したことによって、実現するようです!まずは、インディ500の優勝トロフィーについて見てみましょう!

インディ500優勝トロフィーとは?

インディ500を優勝したものに送られるトロフィーですが、名前を「ボルグワーナー・トロフィー」といいます。素材はスターリングシルバー(銀含有率92.5%の合金)でできており、重さは約69.4Kgもあります!だから時価3億円もするんですかねw

トロフィーの特徴であるチェッカーフラッグ状の壁面には、インディ500の歴代優勝者全員の顔を立体的にかたどったレリーフが埋め込まています。今回、佐藤琢磨もインディ500を優勝したことで、このボルグワーナー・トロフィーの顔に追加されることになりました!優勝者の顔の下には、氏名・開催年・優勝者の決勝レースにおける平均速度(マイル毎時)が刻まれてます。

トロフィーは普段はIndianapolis Motor Speedway Museumに展示されていて、インディ500決勝日にヴィクトリーレーンに飾られるモニュメント的な存在のようです。確かに、69.4Kgもあるトロフィーなんで移動するのも大変ですし、たとえ家にあっても飾るというか床に置いておかれるだけのような気もしますw

ちなみに、インディ500に優勝すると、このトロフィーの壁面に自分の顔のレリーフを埋め込む権利と、決勝レース翌日にトロフィーと一緒に写真を撮る権利が与えられ、後日ボルグワーナー・トロフィーを模したミニトロフィーが授与されます。

え、写真を撮る権利も優勝しないと与えられないんですか?凄いトロフィーなんですね!普段はミュージアムに展示されているようですがインディアナポリスまで行くのは遠いですよね?そんかトロフィーを日本で見ることが出来るチャンスがあるようです!

インディ500優勝トロフィーお披露目はいつ?

インディー500優勝者の顔が掘られた超重たい格式のあるボルグワーナー・トロフィーが、なんと日本で見られるようです。いつ、何処で?どんなイベントで?というのが当然気になるところですよね。

トロフィーが見れられるのは、Honda Racing THANKS DAYというホンダが開催するファン感謝イベントです。毎年秋から冬にかけて開催されておりますが、ホンダのモータースポーツに関係するドライバー、ライダーが参加します。昨年は、F1からはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン、motoGPからはマルク・マルケスとダニ・ペドロサが参加するなど見どころ満載のようですよ!

このイベントでボルグワーナー・トロフィーがお披露目されるとのこと、どのような展示方法か詳細はわかりませんが、かなり近づけることは間違いなさそうです。トロフィー単体の写真とかならバシバシ取れそうですが、トロフィーと人が一緒に映るような写真は無理かもしれませんね。こちらは、イベントに行ってみないとわからないので当日のお楽しみですね!

さて、Honda Racing THANKS DAYですが2017年は12月3日(日曜日)に「ツインリンクもてぎ」で開催です。冬のツインリンクもてぎは結構寒いことが予想されるので、参加するのであれば防寒対策はしっかりしたいですね!秋にはmotoGP日本グランプリも開催されるツインリンクもてぎ、レジャーなども充実しているので、子連れも楽しめますよ!

佐藤琢磨が愛車をコルベットやNSXに変更?インディ500優勝の副賞が凄い

2017.09.14

佐藤琢磨の移籍決定、2018年はレイホールからインディ参戦!

2017.09.14

佐藤琢磨の年収は現在どれくらい?2017年契約スポンサー収入などを予想

2017.09.12

Wrap up!by パッショノン

  • インディー500優勝者の佐藤琢磨の顔がボルグワーナー・トロフィーに追加される!
  • ボルグワーナー・トロフィーは時価3億円とも言われており、その重さは約69.4Kgもある!w
  • 普段はインディアナポリスのミュージアムに飾られているトロフィーだが、今年の冬12/3に開催されるHonda Racing THANKS DAYでお披露目されます!興味のある方はツインリンクもてぎに行こう!
スポンサーリンク