衆議院解散総選挙はいつ?2017年秋実施の自民党のメリットは?

スポンサーリンク


民進党幹事長に就任予定だった、山尾志桜里の不倫疑惑や前原誠司のハニートラップ報道など、民進党への風当たりが強まる中、衆議院解散総選挙を年内に行う説が急浮上してきました!衆議院解散総選挙は2017年のいつ頃になるでしょうか?時期予想の最新情報を整理してみましょう!

衆議院解散総選挙は2017年いつ頃?

衆議院解散総選挙の機運が高まっています。しかも、年内公示から投開票で調整が進んでいるとの情報がワイドショーで展開されるようになってきました。もっとも可能性が高いと言われているのが、

  • 9月28日召集の臨時国会冒頭に衆議院解散
  • 10月22日 or 29日 投開票
このスケジュールです。安倍首相は帰国後に衆議院解散総選挙をするか否か、解散する場合は衆議院選挙の日程を判断する、との発言をしています。「判断する」ということは、すでに自民党内では選挙をしよう!という流れが出来ていて、後は安倍首相に意思決定をしていただくのみ、という手筈が既に出来上がっているのではないでしょうか。

~追記~
9月28日に衆議院が解散され、10月10日公示、10月22日投開票が行われることが決まりました!

政権与党がまだ任期を全うしていないのにも関わらず、なぜ解散総選挙を行うのでしょうか?少なからずリスクがあると思いますが、恐らくリスクよりも大きなリターンが見込めるというのが今回、解散総選挙に踏み切る理由でしょうか。

衆議院解散総選挙を行う自民党のメリットは?

政権与党である自民党が解散総選挙を行う理由とはなんでしょうか?選挙に負けてしまう可能性も少なからずある中で、今回解散総選挙に踏み切るには、きっと大きなメリットがあるのでしょう。

メリット① 野党がボロボロで自民党が勝つ可能性が高い

メリットの一つは、野党がガタガタで今選挙すれば「負けるリスク」がほとんどない、という状況を活かせることです。民進党は、まずスキャンダルでボロボロです。次期幹事長に就任予定だった山尾志桜里は不倫疑惑が連日ワイドショーで取り上げられ、かなり影響力を下げてしまいました。また、前原誠司が北朝鮮のハニートラップに引っかかる、といった報道もされています。蓮舫元民進党代表のドタバタ劇についても、国民からは白い目で見られていると思います。そんな民進党の状況を見て、自民党が選挙に打って出るのは、当然と言えば当然なのかもしれません。

メリット② 勝てば、新たに4年の任期を獲得できる

メリットのもう一つは、今勝てば、政権与党の任期として4年間を新たに獲得することになります。今解散せずに、任期満了の時点で解散するという選択肢もあるのですが、人気を満了した時に自民党の支持率が高いか低いかは、誰にも予想できません。であれば、確実に勝てるチャンスを生かして、そこからまた4年の任期を獲得する。さらに、4年の任期の中で確実に選挙で勝てそうな時期を常に見計らいながら政治を進め、チャンスが来たら解散総選挙に打って出る。このように考えているのではないでしょうか。

メリット③ 野党の準備が整っていない

政治とは何なのか?これではあまりにも国民のことを考えていないのでは?なんてことを主張する人もいるかもしれませんが、政治家は政治家でなければ給料をもらえないのです。長く、安定的に給料をもらうために取る戦略としては、優れているかもしれません。まぁ民進党がボロを出しすぎているというのと、野党が乱立しすぎてそもそも自民党に太刀打ちできていないような気もします。野党も自分の主張より、合従連衡ではないですが、連合の道を探ってもらえるとちょっとは選挙も盛り上がるのではないでしょうか。

ですが、いきなり連合するのは無理があります。自民党の急な解散総選挙実施に対して、野党は準備が出来ていない可能性が高いです。これも、自民党が解散総選挙を行うメリットの一つかもしれませんね!

Wrap up!by パッショノン

  • 衆議院解散総選挙の可能性が急浮上している。
  • 衆議院解散総選挙は2017年10月22日に投開票が行われる!
  • 政権与党が衆議院を解散、総選挙をするのは、確実に選挙で勝てるという目論みがあるからだろう。
スポンサーリンク