10/6ニュージーランド戦サッカー日本代表の放送予定とスタメン予想!キリンチャレンジカップ

スポンサーリンク


サッカー日本代表が2018年のロシアW杯出場を決めました!おめでとうございます!というわけで、次は本大会に向けての準備ですね!まずは10月に行われるキリンチャレンジカップ、ニュージーランド戦の放送日程とキックオフ時刻をチェックです!その後に、スタメン予想をしたいと思います!

ハリルホジッチ監督はどのようなメンバーを選考するでしょうか?海外組を招集するのか?国内組中心で行くのか?気になるところですね!

他にも基本戦術やパターンの数を増やすというトライはあるのでしょうか?4-2-3-1?4-1-4-1?オーストラリア戦、サウジアラビア戦で出番の無かった香川真司の起用は?アジア最終予選が終わっても悩みはつきませんね!

サッカー日本代表ニュージーランド戦放送日程

  • 10月6日(金曜日)
  • 日本テレビ系で全国生放送!キックオフは19時20分予定!

金曜日のゴールデンタイムにニュージーランドと国際親善試合ですね!10月3日~10月11日までは国際Aマッチデーに設定されているので、もちろん海外組も呼ぶことが出来ます!

10/6 ニュージーランド戦サッカー日本代表招集メンバー発表

ニュージーランド戦のスタメンを予想する前に、まずは招集メンバーを見てみましょう。事前に予想されていたように、本田圭佑がメンバーから外れています。怪我のあった柴崎岳は残念でしたね。

正直な感想は、あまり変わり映えしないので面白くありません(笑)現時点で攻撃陣はあまり変更がないので、ハリルホジッチ監督はロシアワールドカップまでこの攻撃陣で押し通すのではないかと予想されますね。

GK:
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF:
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
植田直道(鹿島アントラーズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)

MF:
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
井手口陽介(ガンバ大阪)
倉田秋(ガンバ大阪)

FW:
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
原口元気(ヘルタ/ドイツ)
久保裕也(ゲント/ベルギー)
杉本健勇(セレッソ大阪)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

サッカー日本代表オーストラリア戦スタメンを復習

まずは、オーストラリア戦のスタメンと出場選手を復習したいと思います。

前回のサウジアラビア戦スタメンを復習

アウエーで敗戦となってしまったサウジアラビア戦のスタメンと選手交代後のフォーメーションもおさらいしておきましょう。サウジアラビア戦では後半途中で4-1-4-1→4-2-3-1にシフトしましたね。(結果は出ませんでしたが)

10/6 ニュージーランド戦スタメン予想

それではニュージーランド戦のスタメン予想です!ニュージーランド戦は日本の豊田スタジアムで試合をすることになりますが、この試合の位置づけはどう考えるべきでしょうか?すぐに思いつくのは新戦力の発掘や、バックアップメンバーを試す機会といったところでしょうか。

特に今必要なのは、長谷部誠と大迫勇也のバックアップ人材です。両名が今の日本代表の4-1-4-1システムの要になっているので、是非1トップとアンカーに新戦力を試してもらいたいですね。岡崎慎司と山口蛍はどうだったのかって?ぶっちゃけ、今の日本代表のサッカーで岡崎慎司は1トップとして機能するのは難しいですし、山口蛍にアンカー任せるのも無理ってサウジアラビア戦でわかりました。もっと前からわかってることかもしれせんが!

あとはGKですよ!いい加減、中村航輔使ってくださいよ頼みますよまじで。

日本代表のフォーメーション予想!

ニュージーランド戦では4-2-3-1と4-1-4-1どちらのフォーメーションを採用するのでしょうか?シリア戦からの流れを振り返ってみましょう。

  • シリア戦:ホーム 4-1-4-1
  • イラク戦:アウエー 4-2-3-1
  • オーストラリア戦:ホーム 4-1-4-1
  • サウジアラビア戦:アウエー 4-1-4-1
イラク戦はアウエーで酷暑という条件と、ボールを支配出来るだろうという目論見もあって4-2-3-1にしたのではないかと思います。そうであれば、サウジアラビア戦も同様の考え方で行くのかな?と予想したんですが、まさかの4-1-4-1採用。

といったこれまでの流れと就任当初より言ってる縦に速いサッカーというキーワードから、ハリルホジッチ監督は基本的に高い位置でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けるサッカーを目指しているのは明白です。

ですので、ハリルホジッチ監督は基本的に4-1-4-1を選ぶと予想します。

とはいえ、サウジアラビア戦のようなアンカー両脇スカスカの守備ではW杯本戦で大惨事になるのは目に見えていますので、今回の親善試合のポイントとしては、ボールを奪う位置を変えるとか、守備の決めごとを変更するいった、守備構築・問題点の修正と実践ですね。

日本代表のスタメン予想布陣(4-1-4-1)

まずGKは中村航輔です!頼むから使って!相変わらず予想じゃなくて願望になってますがお願いしますよハリルホジッチ監督!

DF陣は、ロシアW杯アジア最終予選から変更無し、という感じですかね。CB二人の連携がまだまだなので、ここは試合数をこなすことで成熟を進めるかな?と思ってます。バックアップとしてCBもう一人位試すかもしれませんがその場合は、植田直道ですかね。

中盤はアンカーの位置に新戦力を試したいところです。前回は小林祐希をアンカーで使ってくれないかなーと予想したんですが山口蛍でしたね。今回も小林祐希を使って欲しいので小林祐希にしておきます。インサイドハーフはそろそろ香川真司が起用されそうな予感がするのでなんとなく香川真司、もう一人は井手口陽介でいいっしょ!

1トップは大迫勇也の代わりを急募したいのですが、正直大迫勇也のようなポストプレーも出来る、サイドに流れても仕事が出来る、なんて人材が二人も三人もいるわけありません!なので、ここはシンプルにもう一度杉本健勇にチャンスを与えるか、もしくは武藤嘉紀を使ってみるのはいかがでしょうか?杉本健勇サウジアラビア戦ではいいところ無かったかもしれませんが、ゆくゆくCFは強化しなければならないポジションなので、長い目で見て誰かを育てる必要があります。サウジアラビア戦でのプレーだけで見限られるのでは、あまりにも可哀想です。また、武藤嘉紀はここまでハリルホジッチ監督には使われていませんが、見てみたい選手の一人です。マインツでもゴールをあげていますし、試してみても面白いと思います!

~追記~
原口元気が怪我の影響で欠場のようです。ということで左FWは乾がスタメンだと予想します!

Wrap up! by パッショノン

  • キリンチャレンジカップ、ニュージーランド戦は10月6日(金曜日)19時20分キックオフ予定!
  • 国際Aマッチデーにあたるこの期間、どのような狙いで試合を行うか要注目。
  • 攻撃陣は変わり映えしないメンバーが選ばれた。ハリルホジッチ監督は、ロシアワールドカップまで攻撃陣のテコ入れは考えてないと思われる。
スポンサーリンク