「セシルのもくろみ」4話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年8月3日放送「セシルのもくろみ」4話の視聴率は?あらすじと感想をまとめました。ヤフー感想も覗いてみましょう!

「セシルのもくろみ」4話の視聴率

4話は4.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。0.4ポイント落としてる。「真木よう子痩せすぎ!」とか「宮地が下品」って声が多みたい。女優さんも大変だね。太れば太ったで「激太り!!(そこまで太ってないっつーの!)」とか言われるし、痩せすぎも嫌厭されちゃうし。

でも私は面白いと思うから、見続けようと思う!「セシルのもくろみ」今後も頑張って欲しい!途中打ち切りなんてことになりませんように!!

「セシルのもくろみ」4話のあらずし

奈央(真木よう子)は、家庭も『ヴァニティ』も何も手放すつもりはない、という由華子(吉瀬美智子)の強い思いを知る。一方、江里(伊藤歩)は、洵子(板谷由夏)と副編集長の石田(眞島秀和)が密談しているところを偶然目撃し、ふたりの間で何らかの取り引きがあったことを察する。

『ヴァニティ』では、新たな専属モデルとして手島レイナ(芦名星)と契約する。そして、読者モデルの中から昇格したのは、奈央ではなく葵(佐藤江梨子)だった。葵が発案したメイク企画が、読者アンケートでも反応が良かったことが決め手となったらしい。 そんな折、江里は、石田と葵が車の中で抱き合っているところを見てしまう。奈央と会った江里は、石田たちのことを話し、このネタを使わない手はない、と言い出す。しかし奈央は、そんなやり方で専属になんかなりたくない、と言って江里を諭す。

同じころ、洵子の元にも石田と葵がホテルに入っていくところを撮影した写真が送られてくる。差出人は不明だった。洵子に会いに行った江里は、石田との密談の件を切り出す。そこで江里は、葵を専属モデルにしたい石田と、読者モデルから専属モデルを出したい洵子が手を組んでいたことを知る。

洵子は、編集会議の場で葵の不倫を報告する。編集長の南城(リリー・フランキー)は、石田に休養を命じると、洵子を副編集長代理に指名し…。

「セシルのもくろみ」4話感想

「副編集長って力ないんだね。私たち終わりにしましょう!」って、すごいストレートだよね!だってさ、専属モデルになるためだけに付き合ってて、別にあなた個人を好きなわけじゃない!って言ってるのと同じだもんね。それでも追いかける男、、バカだねー。ま、どっちもどっちか。

黒沢と副編集長の取引は、お互いの利害関係が一致していて、特にズルくもなんともないよね。仲良しごっこではないんだよなーって、社会の厳しさを垣間見た感じはしたけど。

「江里はそんなやつじゃねーよ!」 私ならチクっちゃう!

「チクる」って言葉!久々に聞いた!新鮮に聞こえなかった?副編集長と読モ葵の不倫ネタを使わないわけはない!とチャンスだと思う沖田と、「チクるなんて止めな。そんなんじゃ同じになっちゃうよ。」と言う宮地。いやいやいや!宮地カッコイイよ!でもさ、そこはチクるよね?私ならチクるわ!こんなかっこうのネタ無いじゃん!!って思うんだけど、それってゲスな感じ?ダメかな?でさ、「同じになっちゃうよ」って誰と?何と?副編集長や読モの葵とかとってこと?あれ?理解してない私はおバカさんかしら?

読モ葵が沖田のところに殴り込んできたのは見物だったね!「このブスー!!!」バチコーン!って、現実でもあるのかな?私は見たことないけど。「何ですって!?」って反抗した沖田だけど、「このブスー!」言われたら、どうする?ブスですんません。。ってシュンとしちゃうわ。

宮地「江里はやってないよ!そんなやつじゃねーよ!」氷水バッシャーン!「全然平気」って!惚れてまうやろー!!!宮地イケメン過ぎる!あんなに真っ直ぐ自分のこと信じてくれてたら、チクった自分が恥ずかしくて、みっともなくて情けなくて、、、ごめんなさーい!性根が腐っててごめんなさーい!って泣いちゃうわ。(沖田は腐ってないよ。絶対チクるわ!と思ってた私がね)

でもさ、でもさ、ここで一番怖かったのって黒沢じゃない?「いい加減にしてくさださい!二度と私の前に姿を見せないでください。」って。おおおおうっ!姿を見せるなって、ダメージ大きすぎ!ガーン!オワタ。共に副編集長もオワタ!黒沢やるよねー!出来るわ!このチャンスを逃す手はない!ってチャンスだったもんね。同期なのに副編集長だから「はい」って返事しろとか言う男だしね。馬が合わなそうだったし、黒沢は編集長目指してそうだから、副編集長ごとき蹴落としていく覚悟か?!

黒沢と言うか、板谷由夏のキャリアウーマン役って、場が締まるよね!キリリッと!主婦役とかもやってるけど、板谷由夏はやっぱりキャリアウーマン役だわ!

宮地のモデルスイッチ

「一般的な夫婦のデート企画」企画はイイと思うけど、あの旦那さん紙面に出しちゃう?!って思わなかった?私だけ?(失礼か!)ハマユカいい人だよね。「今から行く?」って、フットワークの軽さも素敵!

宮地ー。読モ食事会でもそうだったけど、食事の時の姿勢悪すぎよー?あれは、あんまりにも過剰にガサツすぎ!ガサツ通り超してるよ。少なくとも一時の母なんだしさ。と、小姑のようなことを言っちゃう私。

宮地夫酷くない?急な仕事は百歩譲って仕方ないとして、「趣味みたいなものでしょ?」って何!?てっきり応援してるんだと思ってたから、宮地夫にガッカリしたわ!少なくとも社会人なんだから、妻に迷惑かけるだけじゃなく、撮影に関わる人皆に多大な迷惑が掛かることぐらい分かるよね?もっと、すまなそうに謝罪があったっていいんじゃないの?重ね重ねムカついた。ま、宮地夫よりも航平の方が目の保養になって良い紙面になるわ!

宮地のモデルスイッチ入ったね!どんなきっかけで、モデルとしての自覚ややる気が芽生えるんだろう?と思ってたんだけど、ああいうことか。宮地にも自己顕示欲や承認欲求があったんだね!

でもさ、何もモデルの勉強してないのに、いきなり、あんな仕草できるんだ!潜在的に素質があったってことかな?表情まで別人だったもんね!

それを見た宮地夫の反応。あれは心穏やかじゃないんだろうね?趣味程度だろうし、まさか宮地に出来ると思ってなかったんだろうな。妻が素敵になって急に慌てだすのかな?素敵になっていく妻を喜ぶ余裕はないのか?今後、夫婦関係にズレが生じてきそうね!?

撮影でモデルとしてのスイッチが入った宮地だけど、インスタでもハマユカ効果を利用するなんて!宮地変わってきたな!ちょっと残念だわ。チクるのはNGで、ハマユカ便乗商法は有りなの?

いや、全然いいのよ!私だったらそうするし。でも、今までの宮地じゃないからさ。ほら?編集長もため息顔になっるじゃん?宮地は宮地のままがいいんだけどな。それこそ「同じになっちゃうよ」ってことじゃん。

宮地ヴァニティ卒業!!

専属モデルに昇格かと思いきや!まさかの卒業!!!「ええええええっ!!」叫んだわ!子供が起きちゃう!いいや、これはひっかけよ!ヴァニティは卒業だけど、宮地をカバーモデルとして新たな雑誌が創刊されるとかじゃないの?!で、みんなで「新しいモデルの世界を作ろう!今までの常識をひっくり返してやる!」みたいな流れじゃないの?!

編集長も宮地がこのままヴァニティにいたら、俗物になっちゃって宮地らしさを失ってしまうと思ったんじゃないかな?(千と千尋のカオナシか!?「あなたはここに居てはダメ」って)

次回が待ち遠しい!

「セシルのもくろみ」4話 ヤフー感想を覗いてみた!

・ガサツだけど一本筋が通った所が良いです。そして、「モデル」に目覚めた時の真木よう子、可愛かったです。やっぱり女優さんですね。

→モデルスイッチ入った時は、私たちの知ってる宮地じゃなかったよね!!

・ふと、思ったけど。真木よう子の宮地も良いけど、実際に殆ど無名の人を発掘して起用しても面白かったかもと思いました。

→ああ!それも面白いかも!「傷だらけのラブソング」の時の中島美嘉みたいな、モデルバージョン!

・撮影現場を撮られることを意識した瞬間、スッと立ち居振る舞いが変化。こういう場面を増やして欲しいなー。こういう成り上りドラマ本当は好きなので。ハイウエスト、ベルトで締めたケミカルジーンズ、そろそろやめてもらえないものでしょうか。

→あははは!ほんと、宮地いつまであの私服なんだろうね?そろそろダサいって自覚してもいい頃かと思うんだけど。

・宮地の変化を見るのは楽しい 何が彼女の中で生まれ初めているようなので見ていて楽しい 承認欲求不安と自信の狭間で宮地は確実に何かを感じ初めていて 新しい自分との出会いにワクワクし初めているのではないだろうか?

しかし 応援していたはずの旦那はこの妻の変化に少し戸惑いを感じ初めているようだ、、 妻が自分の知らない顔を持つ時 物分かりの良い 優しい夫はどう変化するのだろう?

→撮影が楽しかったとウキウキ報告する宮地。確実に宮地の中で変化が起きてるよね。宮地夫の今後の動向からも目が離せないな!家族の幸せを最優先してきた宮地だけど、自分のやりたこと、生き方を見つけた時にどうするんだろう?

「セシルのもくろみ」3話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

2017.07.27

「セシルのもくろみ」2話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

2017.07.20

「セシルのもくろみ」1話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

2017.07.18

Wrap up!by パッショノン

  • 4話の視聴率は4.4%でした。
  • 沖田は成り上がるために闘っている
  • 宮地のモデルスイッチ入りました!
  • 宮地、まさかのヴァニティ卒業
スポンサーリンク