アーセナルに中国遠征で集団食中毒の悲劇?何故問題は発生したのか?

スポンサーリンク


アーセナルが中国で開催されているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)に出場するために現地入りしたようですが、主力選手数人が食中毒の症状を訴えるという悲劇に見舞われてしまいました。

アーセナルは上海で試合をする予定だったのですが、上海はいわゆる大都会ですし、衛生面の問題も比較的少ない場所です。にも関わらずアーセナルが集団食中毒を患ったのは何故でしょうか?理由を考えてみたいと思います。

アーセナルの中国での食中毒の原因は?

アーセナルの遠征計画に問題あり?

アーセナルは中国入りする前は、オーストラリアでキャンプを貼っていたようです。オーストラリアは南半球にあるので、今の季節は真冬に当たります。オーストラリアのシドニーでは7月の平均気温は10度から17度程度です。そして上海の気温ですが、7月は40度を超える日もある程、激暑です!

アーセナルの選手は大変ですねー、寒暖差が大きすぎてコンディションを整えるどころの話ではありません。体力も低下すると思いますし、暑さが胃腸に与える影響は多大です。

中国での食事に問題あり?

真冬のオーストラリアから真夏の上海に移動してきたアーセナルの選手、必要以上に水分を補給してしまったのではないでしょうか。さらに、上海とはいえ調理に使われている油など、どこでお腹を壊すものが含まれているかはわかりません。暑さで免疫力が低下している中で、中国での食事はやはりリスクがありますね。

さらに、気温が高いことで食材の管理も難しくなるのではないでしょうか。このような理由が重なってアーセナルの選手は食中毒に陥ったのだと予想されます。

中国でお腹を壊すことは普通?

そもそも免疫が無い中国人以外の人が、中国でお腹を壊すことは普通です。困ったら抗生物質でも病院にもらいに行きましょう。飲めば一発で治ると思います、中国の薬は強いですからね(笑)

Wrap up!by パッショノン

  • アーセナルの選手が中国で食中毒になってしまった。
  • 真冬のオーストラリアから真夏の上海に移動するというスケジュールが、選手から免疫力を奪ったのではないか
  • 免疫力が低下しているなかで、中国の食事がアーセナルの選手にボディブローを食らわせたのではないか
  • 免疫の無い外国人が中国でお腹を壊すのは普通のことである、困ったら強力な抗生物質を病院で貰えば大丈夫
スポンサーリンク