「セシルのもくろみ」2話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

スポンサーリンク


2017年7月20日放送「セシルのもくろみ」2話の視聴率は?あらすじと感想をまとめました。ヤフー感想も覗いてみましょう!

「セシルのもくろみ」2話の視聴率

「セシルのもくろみ」2話の視聴率は4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。下がってますね。今後盛り返す事はできるのか!?

「セシルのもくろみ」2話のあらすじ

宮地奈央(真木よう子)は、フリーライターの沖田江里(伊藤歩)、カメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、カリスマメイクの安原トモ(徳井義実)と組み、”チーム・ミヤジ“として雑誌『ヴァニティ』の人気読者モデルを目指すことになった。その矢先、奈央は、江里が勝手にSNSを立ち上げていたことに憤慨。一度は企画を拒絶するが、トモの説得もあり、自分のことを認めさせた上で這い上がってやる、と宣言する。

ある日、奈央は、『ヴァニティ』編集部がある晴海書房で“ハマユカ”こと人気モデルの浜口由華子(吉瀬美智子)に出会い、自宅に遊びにこないかと誘われる。さっそく葉山にある由華子の邸宅を訪れた奈央は、そのおしゃれな暮らしぶりに圧倒されるものの、息子同士が同じ学校で先輩後輩の間柄ということもあって彼女と意気投合。由華子から何着か服をもらった奈央は、彼女への憧れを強く抱き、「ハマユカになる」などと言い出して江里を呆れさせる。

そんな折、『ヴァニティ』の専属モデルふたりが撮影現場で殴り合い寸前のケンカをするというトラブルが起きる。編集デスクで読者モデルの担当でもある黒沢洵子(板谷由夏)は、問題を起こした専属モデルたちが解雇される可能性もあることを視野に入れ、読者モデルの中からひとり、専属モデルに推薦しようと考えている、と江里たちライターに伝える。江里は、すぐに奈央に連絡し、このチャンスをものにしようと張り切るが…。

「セシルのもくろみ」2話感想

ええええーっと!1話終わりのインスタ開設激ギレ事件の真相は??何であんなに怒ったのか教えてYO!YO!YO!気を取り直して現場に戻って、サラッと納めたけどさ?だってめっちゃ怒ってたじゃん?うーん。インスタがそこまで問題なんじゃなくて、「仲間」だと思ってたのに、自分に断りもなく行動したから「裏切り者!!きぃぃぃぃい!信じてたのに!ドッカーン!」ってだけの事?

四股踏んじゃったよー!だ、か、ら!宮地もう痩せてるんだから!って突っ込もうとしたんだけど、でも宮地がすり足してるの面白かった!(笑)一生懸命な人を笑ってはいけません!って言うけどさ、あの必死の形相は笑っちゃうよ!!真木よう子サイコーだな!

いよいよ「ハマユカ」こと吉瀬美智子が始動したね!オーラ・存在感すごいな!あれは演技なのかな?吉瀬美智子そのものが、神々しいんじゃないかと思ったわ。

いきなり「今度うちに遊びにきて!」って自宅に招くのは普通なの?セレブは違うのかな?あ、有名人だから外で会うより自宅の方がくつろげるわ。って感じなのかしら?

しっかし、ハマユカの自宅すごい!宮地のリアクションが子供みたいで微笑ましかったな。あんなに豪邸だと圧巻だよね!息子同士が同じ学校ってさー、こんなに貧富の差がある学校生活って大丈夫なのか?と要らぬ心配がよぎったわ。

ハマユカの衣装部屋には、ため息が出たー。はぁぁぁぁ、素敵。いくつか服をもらってくれと言うハマユカと、こんなの似合わないとたじろぐ宮地。(私にもくれっ!!)するとハマユカが「なんでもトライしてみなきゃ」ニコッ!と。あの堅物宮地がハマユカの言う事はすんなり聞く!しかも、憧れまくって「ハマユカになる!」って感化されて。宮地ー!ピュアだな!

宮地の年齢設定って公開されてないよね?ライターの沖田が36歳って言ってたし、宮地も中学生の息子がいるくらいだから35歳くらいかな?だとしたら、あの純粋さや真っ直ぐさって凄いよね?

自宅に招かれれば喜んで伺って、豪邸を見て大喜びして、ハマユカの素敵さを素直に受け入れて憧れて。マウンティングなんて事が全くない!人と自分を比べて卑屈になることもない。そういう素直さ、無くしてたかも。って反省したわ。負けたくない!って成長につながる思いと、相手をディスったり陥れようとするのって別だよね。読モの葵だっけ?(佐藤江梨子)この辺が世間擦れした汚さ出てるよねー。

でもさ、正直、ハマユカのお洋服。宮地には合ってなかったね(苦笑)

夫と息子に「似合ってるよ!」「いいと思うよ!」って褒められて、照れながらも嬉しさが隠しきれない宮地が可愛くて可愛くて、笑ったなー。

板谷由夏の働く女の貫禄にもシビレる!!!だけど、あまりに美しくてオシャレで遠い存在すぎる。その点、沖田江里の働く姿って、共感できるところいっぱいあるから、すごく応援したくなる!板谷由夏に指導や叱責されてる時も、自分の事のようにハラハラするし、緊張する。頑張ってって本当に思っちゃうんだよね。

でもでもでも!ちょっと待ったー!航平(金子ノブアキ)とーーー!?アウトーーー!!!アウトなんかいっ!

だけどさ、元々いい感じだったよね?1話では宮地の自宅まで送ってもらってたし、2話では飲み屋まで呼び出したり。なるようにしてなった?でも、本当はしてなくて、航平にからかわれてるだけって事もないかな?

ハマユカの撮影用のロケバスに潜り込むって、出来る?出来ないでしょ?宮地の熱意は伝わったけどね。

ハマユカがさ、衣装が破れたモデルさんに「大丈夫?怪我とかなかった?」って、衣装のことよりも真っ先に人を気遣う姿に感動。人としての余裕が違う!カリスマモデルで、夫は小説家で、息子は名門私立で、人間性まで優れてる!!どんだけ!キラッキラだな!欠点は!?弱点ないの?実は足が臭いとか、手料理がめっちゃ不味いとか、すっごい汗っかきとかさ。

って!夫と姑が何かハマユカの弱点を握ってる感じ?予告ではDVぽかったね!宮地に家庭の秘密を知られてしまって、ハマユカどうするんだろう?

宮地の真っ直ぐな生き方に感化されて、何か変わるのか?それとも、「見ーたーなー!!」って感じで、宮地を敵と認識して攻撃し始めて、女のドロドロした闘いに発展するのか!?ドッキドキだ!

「セシルのもくろみ」ヤフー感想を覗いてみた!

真木さんの演技は漫画っぽくて相当熱いです。今のキャラから変化していく、成長していく過程が面白みかと期待します

→板谷由夏にも「あなたのままでいい!でも成長はしてもらわないと!」って言われてたもんね!どんな風に成長していくのかな?今は全然ファッションに興味ないけど、着飾るって事以外のファッションの魅力に気付いていったりするのかな?あくまで「宮地らしさ」を見失わずに、家族を大切にしながら成長して欲しいな!

じめっとした役の人という印象だったけど、強気キャラもわざとらしくなく演じていてかわいらしいです。これから注目していきたい女優さんです。

→確かに!真木よう子「じめっ」とした役多いかも。ひたすら淡々と。みたいな。記憶にある中で明るい役柄だったの「問題のあるレストラン」くらいかな?バラエティやツイッター見る感じだと、本人は宮地のキャラの方が近いハツラツとした男前な人っぽい感じがした。

原作は読んでないが、シュチュエーションは好きだな。マンガっぽくて夢がある。たまにハッとさせられる台詞がある。それだけで充分だ。

→主婦のサクセスストーリーっていいな!って私も思った!可能性に満ち溢れた若者じゃなくて「普通の主婦」って設定がいい!いくつになっても新しいことにチャレンジしたり、成長することができるって希望が湧くのよね。

それに、生き方も職業も立場も違う女性の生き様が見られて面白い!そして、各々違う感性から発せられるセリフにハッと!させられてり、ドキッとしたり。平凡な子持ち主婦の私には刺激的なドラマだ。

昼顔まではあんまり好きになれなかったけど、こんなにキュートな女優さんだったんですね。エンディングも伊藤歩が一番かわいい。

→「セシルのもくろみ」の沖田こと伊藤歩イイよね!!昼顔の時より少しふっくらしたかな?可愛らしい感じになってると思った。沖田自体がすごく良いキャラで、それを演じる伊藤歩の演技力が光る感じ。

「セシルのもくろみ」1話の視聴率とあらすじ、感想、ヤフーの反応!

2017.07.18

「セシルのもくろみ」キャストとあらすじ!主演:真木よう子

2017.06.09

Wrap up! by パッショノン

  • 「セシルのもくろみ」2話の視聴率は4.5%でした。
  • 「ハマユカ」の美しさと人間力には圧巻!夫はDVか?
  • 宮地はどんな風に成長していくのか?
  • そろそろ女の闘いが始まる?!3話が楽しみだ
スポンサーリンク