レアルマドリードの歴代10番の移籍情報とは?ハメスもバイエルンへ

スポンサーリンク


ハメス・ロドリゲスがレアルマドリードからバイエルン・ミュンヘンに移籍することが最新情報として上がってきました!出場機会が減少したことにより、かねてより移籍が噂されていたハメス・ロドリゲスですが、まさかバイエルンとは!ブンデスリーガだけではなく2017/18のUEFAチャンピオンズリーグでの活躍も期待ですね。

サッカー選手はいつかは移籍するものですが、格別な価値をもっているであろうレアルマドリードの歴代10番の移籍先について、ハメスの移籍がきっかけで気になったので調べてみました!

レアルマドリードの歴代10番とその移籍先のとは?

レアルマドリード歴代10番① ミカエル・ラウドルップ

  • 期間:1995年-1996年
  • 移籍先:ヴィッセル神戸

元デンマーク代表のラウドルップ、レアルマドリードに移籍する前に所属していたのは…バルセロナです!ルイス・フィーゴがバルセロナからレアルマドリードに移籍したのは有名かもしれませんが、この頃からライバルからの選手獲得があったんですね(笑)

そして、移籍先はヴィッセル神戸です!ヴィッセル神戸のJリーグ加入は1997年でしたが、欧州と日本のシーズンの違いから最初の半年はまだJリーグてはプレーしていなかったことになりますね。当時、どのような報道がされてたのか気になります。

レアルマドリード歴代10番② クラレンス・セードルフ

  • 期間:1996年-2000年
  • 移籍先:インテル・ミラノ

セードルフは10番として4シーズンを過ごしました。移籍先はインテルでしたが、セードルフのイメージはインテルの後に移籍したACミランの方が強いのではないでしょうか。ACミランではチャンピオンズリーグの優勝も成し遂げています。(セードルフはアヤックス、レアルマドリード。ACミランでチャンピオンズリーグ優勝しています)

レアルマドリード歴代10番③ ルイス・フィーゴ

  • 期間:2000年-2005年
  • 移籍先:インテル・ミラノ

レアルマドリードのレジェンドの1人、ルイス・フィーゴ、レアルマドリードの前は宿敵バルセロナに所属していました。レアルマドリードへの禁断の移籍とも言われてますね。在籍期間では、「銀河系軍団」という言葉が流行っていましたよねー。

今も昔もレアルマドリードに所属する選手は凄いですが、当時は本当に地球選抜みたいなメンツだったと思います。レアルマドリードのあとはインテルに移籍していますね。またインテルですか!インテルはレアルマドリードの10番コレクターにでもなるつもりなのでしょうか(笑)

レアルマドリード歴代10番④ ロビーニョ

  • 期間:2005年-2008年
  • 移籍先:マンチェスター・シティ

サントスからレアルマドリードに移籍したロビーニョ、フィーゴの後継者として10番を背負いました。プレースタイルもフィーゴと同じドリブラーということで期待も大きかったようですね!

ですが、レアルマドリードとは喧嘩別れのような形でマンチェスター・シティに移籍となりました。リーグ連覇に貢献した2008年シーズン終了後、クリスティアーノ・ロナウド獲得のために代替要員として扱われそうになったことに激怒、夏の移籍市場が終わる9/1ギリギリでマンチェスター・シティへ移籍しました。

レアルマドリード歴代10番⑤ ヴェスレイ・スナイデル

  • 期間:2008年-2009年
  • 移籍先:インテル・ミラノ

2007年にレアルマドリードに移籍したスナイデルは、移籍後すぐに活躍してリーグ連覇に貢献します。2008年シーズンからは10番とチームの期待を背負っていましたが、負傷の影響と自身のプライベートの問題から活躍できず、翌シーズンにインテル・ミラノに移籍となります。インテルはレアルマドリード10番コレクターと言ってもいいでしょう!(笑)

レアルマドリードでのキャリアは残念な形で終了してしまいましたが、インテル移籍後は超活躍しました!2010ワールドカップではMFとしては初の得点王を獲得、最終的にはバロンドール獲得とはなりませんでしたが、最もバロンドールに近い選手という評価を集めていました!

レアルマドリード歴代10番⑥ ラッサナ・ディアッラ

  • 期間:2009年-2011年
  • 移籍先:アンジ・マハチカラ

レアルマドリードの10番としては、1番華が無いかもしれません。10番といういわゆる攻撃陣の花形的なプレーよりも、守備面で貢献することが多かったようですね。本職の守備的MFだけではなく、右サイドバックとしてもプレーできるユーティリティは高い評価を集めていたようです!

10番がサイドバックというのもなかなか面白いですよね、近年はプレーメーカーがどんどん下に降りてくる傾向もありますし、意外とありなのでは?と考えてしまいます。

レアルマドリード歴代10番⑦ メスト・エジル

  • 期間:2011年-2014年
  • 移籍先:アーセナル

2010年のワールドカップで活躍したメスト・エジルはその翌シーズン、レアルマドリードに10番として移籍します!エジルは期待されたとおりレアルマドリードで活躍、クリスティアーノ・ロナウドからは、「エジルは僕をさらに良い選手にしてくれた。彼とプレーするのが好きだ」と賞賛されています。

そんなエジルも2013年9月にアーセナルに移籍することになりました。エジルは現代サッカーではあまり見られなくなったタイプの10番だと思います。アーセナルでは守備をしないことから批判されることもありますが、絶滅危惧種の10番として今後どのようなキャリアを歩むかについて非常に興味がありますね。

レアルマドリード歴代10番⑧ ハメス・ロドリゲス

  • 期間:2014年-2017年
  • 移籍先:バイエルン・ミュンヘン

最後は、ハメス・ロドリゲスです!2014年のワールドカップで大活躍、レアルマドリードに10番として移籍するというシンデレラストーリーを実現させたコロンビアの天才ですね。レアルマドリードでは移籍当初、アンチェロッティ監督の元では活躍しましたが、ジダン監督になってからは出場機会を減らしてしまいました。

ハメスの移籍は成功だったか?という点については評価が難しいですが、ハメスが出場機会を得られないレアルマドリードというクラブの凄さが際立つエピソードなのかなと思います。

そして、2017年夏の市場で、ハメスはバイエルン・ミュンヘンに移籍することになりました。恩師アンチェロッティ監督の元での活躍を期待しています!

Wrap up!by パッショノン

  • レアルマドリードの歴代10番を並べてみたけどやっぱり凄かった。
  • レアルマドリードの歴代10番の移籍先も凄かった。
  • インテルはレアルマドリードの10番コレクターだといえそうだ(笑)
スポンサーリンク