仕事のやる気・熱意が無くても、上手に仕事と付き合う方法はあります

スポンサーリンク


どうしてもやる気が出ない時、そんな時が皆様にもありますよね。やる気は無いけどやらなければならないシチュエーションも、確かにあります。そういう時に、自分を奮い立たせるまでいかずとも、ちょっとでも行動しようと思えるようになる、そんな方法を伝授したいと思います!

なんでもゲームにしてしまえ!

まず、やる気が上がらない理由をいくつか考えてみましょう。一番多いのは、「つまらない」とか「やりたくない」、「意味がない」こんな理由でしょうか。さて、このような状況の中でやる気を見つけるにはどうすればよいでしょうか。やる気を上げる一番簡単な方法は、自分の考え方を変えてしまうことです。そのためにはきっかけが必要です!

そのきっかけの一つが「物事をゲームとして捉える」ことです!ここからは、具体的に「部屋の掃除」で考えてみましょう。

部屋の掃除をゲームにしてしまえ!

皆様の中に部屋の掃除が好きなひとはますか?基本的には嫌いな人が多いと思います!この嫌いな掃除をする時にやる気を上げる方法を考えてみましょう!まず、掃除は仕方なくやらなければならない、という義務感ですることが多いと思います。その義務感から脱却するために、「掃除をゲーム」として捉えてみたいと思います。

例えば、掃除のタイムを競い出来るだけ素早く終わらせる世界選手権が開催されていると考えてみましょう!そうすると、世界選手権で入賞する為には当然好タイムが必要です。好タイムを出すには、作業の効率化は必須です!そのために、例えば段取り作業をしっかりしなければならないとか、作業を要素に分解してどの部分を短縮すべきか検討をするはずです。このように考えてしまえば、なんだか義務感から脱却出来て、掃除をするのも楽しくなりそうです!

小さな成功を積み重ねる

やる気を上げるために「目標」を掲げろ、という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。確かに「目標」を立てることは大事なのですが、問題は「目標」の立て方です。いきなり富士山のてっぺんを目指す的な「高い」目標を設定してしまう人もいますよね!でも、その「高い」目標に到達する為には、ものすごい頑張らないといけないわけですよ。そうなると、目標を達成できない状況が長く続いてしまい、途中で肝心のやる気が下がってきます。本来はやる気を上げる為に「目標」を設定したのに、目的を達成できていません。

このような事態を避けるために、小さく成功できる目標を立てるのが、やる気を上げるもう一つの方法です。そもそも、やる気が上がらずに悩んでいたのですから、いきなり高い目標を設定するのは意味がありません。小さな目標を立て、小さな成功をおさめ、自分をちょっとはほめてあげましょう。そうすると、また次の小さな目標を設定する気持ちが生まれます。このような積み重ねがやる気に繋がっていくのです。

Wrap up! by パッショノン

仕事と上手に付き合う2つの方法をまとめました!

  • 物事をゲームとしてとらえる
  • 小さな目標を立て、小さな成功を積み重ねる
肩の力を抜いて上手に仕事と付き合っていきましょう!

スポンサーリンク