仕事にやりがいはいらない?働くあなたが楽しくなる為の言葉

スポンサーリンク


仕事にやりがいがあって、仕事を楽しめるならばなんて素晴らしいことだろう。誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回は、この夢のような言葉「仕事を楽しむ」ために何が必要かを考えたいと思います。

仕事のやりがいとはなんだろう?

やりがいのある仕事だから楽しい、もしくは楽しい仕事にはやりがいがある、誰もがそう思いますよね!やりがいがあれば楽しく仕事が出来るはずです!それでは、仕事のやりがいとは何でしょうか?まずはこれを考えたいと思います。

やりがいのある仕事ですぐに思いつく要素を上げてみると、世の中に貢献している、その仕事が好きである、自分の成長を感じられる、興味深い発見がある、毎日毎日色んなことが起きて飽きない、などを思いつきました。

逆にやりがいの無い仕事とはどのようなものでしょうか?つまらない仕事、意味の感じられない仕事、誰かにやらされてる仕事、などが考えられます。さらにもう一段掘り下げてみましょう。いまあげたやりがいの無い仕事を、やりがいのある仕事にする為には何が必要でしょうか?

例えば…

  • つまらない仕事をしているあなたは…その仕事を面白いと感じること。
  • 意味の感じられないあなたは…何か大事なことをやっていると感じること。
  • 誰かにやらされてると感じているあなたは…自分の色を出せるポイントを見つけること。
このように考えると、やりがいとは「自分が仕事をどのように捉えるか」といった問題のような気がしてきませんか?その通りです。やりがいがあるとか無いとかは、全てあなたの考え方なのです。

仕事のやりがいは与えられるものではない!

もう一つ、やりがいに対する大きな誤解を生み出す考え方が世の中にはあります。

  • 仕事は大体「外から与えられるもの」と考える。
  • やりがいは「仕事の内容」で決まると思い込む。
  • つまり、やりがいは外から与えられるもの、と考えてしまう。
このような思考の流れにより、やりがいは外から与えられるものと考える人もいるのではないでしょうか。言葉を変えると、仕事のやりがいとは、自分ではどうすることも出来ない外部環境に依存している、とも言えます。しかし、これまで述べてきた通り、やりがいがあるとか無いとかはあなたの考え方次第なのです。あなたは、自らの意思で考え、自らの行動を決めることができます。ですから、これからは、やりがいは自分でコントロールできるもの、外部環境には依存しないと考えるようにしてみましょう!

仕事が楽しくなる方法

それでは、仕事が楽しくなるためには何が必要なのでしょうか?仕事を楽しく感じるためにやりがいが必要だとすれば、やりがいを見出すことが仕事を楽しく進める方法になります。

これまで見てきたように、やりがいは自分で考え自分で生み出すことが出来ます。ですから、仕事を楽しむためにどんな些細なことでも良いので、やりがいを生み出してしまえば良いのです!

例えば、あなたは会議のスケジュール調整を任されたとします。会議のスケジュール調整なんて面倒だしやりたくない、と思う方が多いでしょう!ですが、仕事はやらざる負えません。そこであなたは、やりたくない思うこの仕事にやりがいを持つため、「参加者とのスケジュール調整を出来るだけ素早く終わらせる」という目標を考えたとします!つまり、この仕事のやりがいを、参加者への貢献と置き換えたのです!そうすれば、出来るだけ時間をかけずにスケジュール調整を終えることに自然と意識が向き、少しだけ仕事をする気持ちが出てくると思います。

このように、どんな仕事に対してもやりがいは見つけることが出来るのです。つまり、どのような仕事でも楽しくできる可能性があるのです! 今回の具体例では「他者貢献」をベースにしましたが様々なパターンがあるので、それを考えましょう!

Wrap up! by パッショノン

今回は仕事のやりがいについて考えてきました。仕事を楽しむために、あなたはどんな些細なことでもやりがいにすることができます。どうしてもやりがいが見つけられない方には、具体例のように「他者貢献」視点でやりがいを探してみることをお勧めします!

スポンサーリンク