マフムド・ダフードのプレースタイルや、ポジション、身長・体重は?

スポンサーリンク


ドイツのU21欧州選手権の優勝に貢献したマフムド・ダフード、ドイツの若手でかなり注目されている選手ですが、気になるプレースタイルやポジション、身長・体重などをまとめてみました!2017/18シーズンからはドルトムントでプレーするマフムド・ダフードに要注目です!

マフムド・ダフードのプロフィール

  • 国籍:ドイツ(シリア生まれ)
  • 生年月日:1996年1月1日
  • 身長:176cm
  • 体重:76kg
  • 利き足:右足

マフムド・ダフードはシリアで誕生した翌年にドイツに移住、シリアとドイツの二重国籍を持っています。もちろん将来的にはドイツ代表を選択すると思いますが、シリア代表になったらアジアで無双できるかもしれませんね。ちなみに、シリア生まれのサッカー選手でブンデスリーガでプレーしたのはマフムド・ダフードが初めてのようです!

プロになった経歴ですが、ユース時代に所属したボルシアMGからトップチームに昇格し、2014年にデビューを果たしています。2015/16シーズンでは、退団した元ドイツ代表MFクラマーの代役として、中盤の主力選手として活躍しました。ユース世代ではドイツ代表としてもプレーしています。

マフムド・ダフードの身長・体重は?

身長176cm、体重76kgです!それほど長身ではありませんが、現在21歳、フィジカル的に向上の余地はあるでしょう。

才能あるマフムド・ダフードの憧れの選手はあの、ジネディーヌ・ジダンのようです!

マフムド・ダフードのポジション、プレースタイルは?

主なポジションは中盤のボランチの位置ですね、豊富な運動量と相手の攻撃の芽を積むポジショニングやインターセプトに定評があります。インターセプトに関しては、2015年CLのマンチェスターシティ戦で、10回のインターセプションに成功した記録があります!球際の競り合いも強いですね!

運動量に関しては1試合に12kmを走るというデータからも裏付けられていますが、さらなるレベルアップに向けて効率的なペース配分も必要なようです。

攻撃面では、ショートパス、ロングパス共に死角は見当たりませんが、ドリブルも得意で前にボールを運ぶ能力にも長けています!さらには、ロングレンジからの威力あるシュートを打つことができます!

このように書くとなんだか超がつくほどのオールラウンドプレーヤーですね、ドルトムントが獲得したのも頷けます!

Wrap up!by パッショノン

  • マフムド・ダフードの身長は176cm、体重は76kg
  • マフムド・ダフードのプレースタイルは1言で表現するのであれば、攻守のバランスが取れたハイレベルなオールラウンドMF
  • マフムド・ダフードのドルトムントでのプレーが楽しみです!
スポンサーリンク