下村博文に闇献金スキャンダル!平慶翔と泥仕合もブーメラン確定?

スポンサーリンク


下村博文と平慶翔の泥仕合が盛り上がってまいりました!下村博文の闇献金疑惑を週刊文春が報道したのですが、なぜか下村博文は元秘書の平慶翔が文春にバラしたと主張!上申書というよくわからん文書も飛び出してきて一気に泥仕合の様相を呈してきました。

と、これまでのニュースとかを見るとこのように考えてしまうかもしれませんが、実は下村博文は相当焦っているのではないでしょうか?闇献金を否定したいのであれば、否定するだけでいいと思うのですが、なぜ関係ない元秘書の話をするのでしょうか?まったく意味がわかりません。

ということで、まずは下村博文の闇献金スキャンダルの内容をおさらいしたいと思います。その上で、下村博文と平慶翔の泥仕合の様子や、下村博文がいかにピンチなのかを炙り出したいと思います!

 

下村博文の闇献金スキャンダルとは?

学校法人加計学園が、2013年と2014年に、自民党の下村博文幹事長代行を支援する政治団体「博友会」から政治資金パーティー券計200万円分を購入したが(200万円を献金したが)、それが「博友会」の政治資金収支報告書に記載されていないとして、週刊文春は、「200万円の違法な献金を受けた疑いがある」と報じました

これに対して下村博文は、

加計学園から政治寄付もパーティー券を購入してもらったこともなく、『加計学園から闇献金200万円』という記事は事実無根。

2013年と14年、加計学園の秘書室長が下村事務所を訪れ、合計11の個人・企業から預かってきた各100万円ずつを持参した。1人・1社20万円以下で、それぞれ領収書を渡した。

ということを述べています。

え?分割でもらったから問題ないって?んなあほな!とにかく200万円もらったことは認めてしまっている下村博文、これは大ピンチですね。加計学園と下村博文の繋がりは証明されてしまったも同然のようです。

下村博文と平慶翔の泥仕合とは?

下村博文は闇献金疑惑に対しては潔白であると主張しつつ、なぜか元秘書の平慶翔が文春にデータを横流ししたのではないかという話を始めました。これが、下村博文と平慶翔の泥仕合の始まりです。それでは、下村博文と平慶翔の泥仕合における、お互いの主張を見てみましょう!

下村博文の主張

  • 平慶翔は秘書をしていたときに、横領を働いていた。
  • 事務所のPCを隠した。
  • 文春にデータを横流ししたのは平慶翔である。
  • 証拠は、この上申書である。

上申書には、
下村博文氏の選挙事務所のお金を横領(金額約30万円)
下村博文氏の事務所にあったパソコンを勝手に持ち出し、情報を漏洩した

ことなどが記載されてます。

ちなみに上申書とは?
『上申書(じょうしんしょ)とは、事実・事情や意見などを記載して、報告したり、要望等を申し述べる文書をいう。』

平慶翔の主張

上申書は偽物である。以上!w

平慶翔が横領を働くか?

事実っぽいデータを提示しているのは下村博文ですね。ですが、平慶翔が本当に横領・不祥事を働いていたのでしょうか?実家はお金持ちで、お金には困ってなさそうな人がたった30万円を横領するとは思えませんねー。それにデータを持ち出すのにPCまるごと持って出るのは愚の骨頂です。下村博文が超パソコンに詳しいようには思えないですよね(笑)

というわけで事務所のセキュリティなんてザルだと思います。それならUSB使えばいいじゃないですか!本気でデータ持ち出そうと思う人がPC丸ごとっていうのはちょっと配慮が足りなすぎると思いますし、平慶翔も一応大学は出ているようなのでそこまで頭が回らないとは思えません。

上申書が偽物だったらどうなる?

もし、上申書が偽物だとしたら、下村博文は物凄い心臓の持ち主です。やっぱ政治家はこれくらい強いハートが無いとなれないんですかね(適当)

実は、上申書が本物 or 偽物って話にはならないと思うんですよ。筆跡鑑定すれば?っていう声もあるとは思いますが、筆跡鑑定は絶対ではありません。裁判でファクトになることもありますが、そうでないケースもあるみたいです。

それに、下村博文が筆跡鑑定させるわけないじゃないですか。平慶翔だってわざわざ自分から裁判仕掛けるのはアホらしいと思いますし、これはうまい作戦だと思いますよ?事実っぽい何か、これがコツなんですねー勉強になりましたよ下村博文さん!(笑)

下村博文の苦し紛れの言い訳

そして極めつけは、闇献金とはまったく関係のない元秘書の話をことさら強調していることが、下村博文の苦しい立場を鮮明にしていると思います。上申書とかいう、あからさまに強いカードを普通いきなり切りますか?切り札は隠しておくから切り札なんですよ、下村さんわかってますか?

強いカードの裏に隠れているのは、皆様お気づきかと思いますが「弱気」です。下村博文は何とか矛先をそらそうと、元秘書と、きゃっきゃうふふ的な泥仕合をご所望しております!平慶翔はとんだとばっちりかもしれませんね、もちろん何が真実かは私にはわかりませんが、下村博文の行動から論理的に考えると、いま下村博文は相当追い込まれているということが言えると思います。

Wrap up!by パッショノン

  • 下村博文は、なんだかんだ加計学園から200万円もらったことを認めている。
  • 下村博文は相当苦しいようで、元秘書の平慶翔と謎の泥仕合をご所望している
  • 下村博文と加計学園の繋がり、これも氷山の一角かもしれませんね
スポンサーリンク