柴崎岳の移籍先候補にレバンテとエスパニョール浮上!帰国もとんぼ返り?

スポンサーリンク


柴崎岳にスペイン1部のエスパニョールが興味を示しているという情報が出てきましたね!さらに最新情報では、来季昇格を決めたレバンテも柴崎岳を補強候補としてピックアップしているようです!これまで、マラガ、ベティス、セルタ、アラベスと4つのクラブが獲得に興味を示しているということでしたが、さらに追加で2つのクラブが獲得を検討しているという、まさに柴崎岳フィーバーが起こっているのではないでしょうか。

スペイン2部で今季日程を終えた柴崎岳は日本に帰国したものの、移籍については明言せず…日本滞在も長期には渡らない、いわばとんぼ返りも匂わせています。ということは、やはり移籍に向けて交渉、チーム選びが忙しいということですよね!さて、そんな柴崎岳ですが新たな移籍先候補のエスパニョールとレバンテについて見てみましょう!

柴崎岳の移籍先候補、RCDエスパニョールとはどんなクラブ?

皆様ご存知の方も多いと思われますが、やはり中村俊輔の所属したクラブということで有名ですよね。エスパニョールには中村俊輔が2009年から2010年に所属していました。とはいえ、中村俊輔は残念ながら出場機会を徐々に減らし移籍は失敗に終わってしまいました。やはりスペインは難しいという印象が強まった契機の一つだったと思います。

出典:中村俊輔公式HPより

さて、エスパニョールですが、スペインのカタルーニャ州バルセロナ県コルネリャー・デ・リョブレガートに本拠を置くプロサッカークラブです。現在はもちろんラ・リーガのプリメーラ(1部)に所属しており、2016/17シーズンは8位でシーズンを終えています。ラ・リーガ1部の3強、上位クラブに次ぐ中位クラブですね。

2016/17シーズンは4-4-2を採用しており守備はブロック形成、カウンターを狙ってボールを奪ったら早く攻めるというある意味中位らしいサッカーをしていたと思います。

柴崎岳の移籍先候補、レバンテとはどんなクラブ?

今季はスペイン2部でテネリフェと同じく1部昇格を争っていたレバンテは、ぶっちぎり1位でプリメーラ昇格を決めたクラブです!

スペイン・バレンシアに本拠地を置くサッカークラブチームで、来季は同じバレンシアにあるバレンシアCFとのダービーも行われます!2009/10シーズン以来プリメーラに所属していましたが2015/16シーズンにセグンダ降格。ですが1年でプリメーラ復帰ということで、チーム力はあるのでしょう。

とはいえ、現状としては典型的な中位から下位のクラブでしょう。かつては経営が悪化して選手への給料が未払いになることもあったという、ある意味スペイン伝統の道を辿っているクラブと言えるかもしれません。

柴崎岳の移籍先はどうなる?

もうこれで6チームですよ?予想が難しくなってきました(笑)

来季ラ・リーガ1部に所属する20チームのうち、現時点で6チームが興味を示す柴崎岳の能力は疑いようのないものでしょう。でなければこれ程注目はされないはずです。

注目されている1つの要因は、フリートランスファーといこともあるのでしょう。いくつか移籍先候補を見てきましたが、経営悪化、資金繰り悪化という過去を経験したクラブもあるので、移籍金0というのは大きな魅力なのかと思います。特に中位から下位のクラブではなおさらその傾向は強いのではないでしょうか。

これからも移籍先候補は増えていくと思いますが、ピックアップは続けたいと思います!

柴崎岳スペイン1部移籍の2017最新情報!マラガ&セルタも興味!

2017.06.27

柴崎岳にスペイン1部から個人昇格の複数オファー?次はアラベス!

2017.06.26

柴崎岳はスペイン1部への個人昇格を決断?移籍先候補はベティス?

2017.06.26

Wrap up!by パッショノン

  • 柴崎岳の移籍先候補に、エスパニョールとレバンテが浮上!
  • 柴崎岳のスペイン1部の移籍先候補はこれで6チームに!
  • まだまだ移籍先候補は増えるかもしれませんが、引き続きピックアップしたいと思います!
スポンサーリンク