オスカルが中国リーグで暴動のなぜ?移籍金で買えないモノがある

スポンサーリンク


上海上港に所属する元チェルシーのブラジル人MFオスカルが、中国スーパーリーグの広州富力の一戦でまさかの暴動・暴挙にでましたが、それはゴールを目指す普通のプレーではありませんでした。相手陣地内でボールを取ったオスカルは突然何を思ったのか、相手選手に向かって至近距離から全力でボールをキックします!さらに跳ね返ったボールを、今度は自陣のゴール側にいた選手に向かって思い切り蹴って見事命中!

このプレーに激怒した広州富力の選手がオスカルを殴り倒し?両チーム総勢50名が入り乱れる乱闘に発展しました。

オスカルはなぜこのようなプレーを働いてしまったのでしょうか?そこまでフラストレーションを貯めてしまった理由とは?都落ちとも考えられる中国スーパーリーグへの移籍は果たして良いことだったのでしょうか・・・

オスカルの中国リーグでの暴動プレー動画

オスカルが中国リーグへ移籍した経緯とは?

元チェルシーで2014年のブラジルワールドカップでは大会ベストイレブンにも選ばれたほどの輝かしい経歴の持ち主、オスカルは2016年12月22日、冬の移籍市場で中国スーパーリーグの上海上港に移籍を発表しました。巨額の金、移籍金も年棒もこの世のモノとは思えないものです。移籍金は6000万ユーロ、週給40万ポンド(約5760万円)、中国の凄さが如実に表れています。

当時チェルシーで出場機会を失っていたオスカルにとって、巨額のオファーはうれしいものだったでしょう。移籍当時のオスカルの言葉を借りてみます。

「そもそもお金が目的じゃなかったら、僕はブラジルを離れていなかったしね」と正直な気持ちも告白。そして「ヨーロッパに行ったのは、お金があって素晴らしいクラブがあったからだ。それはここでも同じことが言える。彼らの掲げる目標は、中国リーグを世界で最高峰のリーグにすることなんだ」

稼げる金額は半端なく魅力的です、正直にオスカルもそう語っていましたが、もう一つ中国リーグの発展に貢献したいということも当時は語っていたようです。

オスカルは何故暴動を働いたのか?

オスカルは何故暴動を働いてしまったのでしょうか。そこにあるのは、中国リーグのレベルや生活環境などに対して、日々様々なフラストレーションを抱えていただろうことが予想されます。

中国リーグの審判のレベルは?

はっきり言って、審判のレベルは高くありません。巨大な資本を背景として選手だけはひたすらにかき集めている中国スーパーリーグですが、審判は誰がやっているのでしょうか?そうです、昔から中国リーグに携わってきた中国人が審判を務めているはずです。

選手のレベルは、良い選手を買ってくれば高まりますが、審判はそうはいきません。オスカルは、審判のレベルやスキルに嘆き、そして試合中にフラストレーションを貯め込んでしまったのでしょう。

サッカーのレベルは?

選手をいくらかき集めても、全てのポジションを有名選手が埋めることにはなりません。ですから、中国スーパーリーグは現時点では4大リーグと比べて、実力的に劣っているだろうことは誰もが認めるところではないでしょうか。オスカルはきっとこう考えたのではないでしょうか「こんなのはサッカーではない」「プレーするだけ無駄だ」と。

その結果、あの暴走・普通は考えられないような行動に出てしまったのかもしれません。もうどうにでもなれ、といった動きのように私は思いました。

移籍金で買えない物とは?

サッカー選手の一番の喜びは、プレーすることだと思います。ステップアップする目的は、もちろん給料もそうですが、より挑戦的な・魅力的な環境に身を置きながら自分を高めることに喜びを感じるからではないでしょうか。

オスカルは、やはり根っこの部分には自分を高めたい、刺激的な・チャレンジングな試合がしたいと思っているはずです。ですが、現時点の中国リーグにそれを求めることは難しいですし、オスカル自身も中国に移籍してみて、中国リーグの発展が並大抵のことではなく、とても困難であると実感していたと思います。お金は大事ですが、それ以外の環境全てに不満を募らせた結果の暴走、今回の件はこのように考えることができると思います。

暴動を起こしたオスカルに対する処分とは?

中国サッカー協会は、オスカルに対する処分を発表しました。

オスカルに対しては、「非道徳的な行為で他人を侵害した」「中国サッカーに悪影響を及ぼした」として重い処分が決定された。今季のCSLで8試合の出場停止および罰金4万元(約65万円)の処分が言い渡されている。

Wrap up!by パッショノン

  • オスカルが試合中に暴走行為を働き、両チーム合わせての大乱闘に発展
  • オスカルの抱えるフラストレーションは、相当なものだったと思われる
  • オスカルに対して、8試合の出場停止という、厳罰がくだった
スポンサーリンク