丸山桂里奈の現役引退前のプレースタイルは?高校大学の偏差値は?

スポンサーリンク


2016年に現役引退した丸山桂里奈ですが、その後は芸能事務所に所属して順調にタレントの道を歩んでいるようですが、そもそも現役時代ってどんな選手だったんでしょうか?一部からはおバカタレントとの噂も出ている丸山桂里奈ですが、通っていた高校や大学の偏差値はどれくらいだったのでしょうか?ざっくり調べてみましたので、お付き合いいただけると幸いです!

出典:丸山桂里奈公式ブログより

丸山桂里奈の現役時代について

プレースタイル

現役時代のポジションはFW。丸山桂里奈の特徴は、独特なフォームと変幻自在のリズムから繰り出される多彩なフェイントを織り交ぜたドリブルです。ライン際でのプレーも得意でいわゆる縦に仕掛けられるFWでした。

特徴は勝負強さ

最も語り継がれているのは、2011年に開催されたドイツワールドカップ準々決勝のドイツ戦です。延長戦にまでもつれ込んだこの試合を決めたのは丸山桂里奈の執念のゴールでした。

澤穂希が出した浮き球のスルーパス対して反応、右サイドのほとんど角度のない場所からファーサイド目掛けてシュートをします!ドイツGKはニアサイドを警戒しすぎか、ボールはGKの右手をかすめて見事ゴールイン!

このゴールが決勝点となり、開催国のドイツに勝利するという大金星を挙げた立役者となりました!というように、ここ一番の勝負強さは右に出る者がいないという感じでしたね!

丸山桂里奈の所属していた高校大学の偏差値は?

高校:村田女子高校

丸山桂里奈は村田女子高校に通っていました。村田女子高校とは、

村田女子高校は、東京都文京区にある私立高校です。2008年に中学校が開校され、内部進学の生徒と外部進学の生徒が混合してクラスを編成する併設型中高一貫高校になりました。商業科のある高校として長い歴史を持ちます。「普通科」と「商業科」があり、上位大学を目指す「アドバンストコース」、資格取得と現役合格を目指す「スタンダードコース」があります。進学実績は、「慶応義塾大学」「早稲田大学」「上智大学」などです。

部活動においては、サッカー部が全国大会の常連です。卒業生が、「なでしこリーグ」などで多数活躍しています。出身の有名人としては、なでしこジャパンメンバーの丸山桂里奈選手がいます。

概要に丸山桂里奈のことが紹介されているではありませんか!ちなみに偏差値は43~55と結構幅がありますね。とはいえ、偏差値的にそれほど高いわけではないというはわかりました。

大学:日本体育大学体育学部

大学は日本体育大学に進学して、そのままサッカーの道を突き進みます。全日本大学女子サッカー大会インカレ2連覇、大学時代から日本代表に選出されるなど、当時から頭角を現していました。ちなみに、日本体育大学体育学部の偏差値は、42.5~50です。やはり、偏差値はそれほど高いわけではなかったようです。

丸山桂里奈はおバカタレント?

一部からおバカタレントとの噂も出ているようですが、さんま御殿に出演した時に衝撃的な発言をされています!おバカタレント疑惑については関連記事をご覧ください!

丸山桂里奈はおバカタレント?オフサイドのルールを知らなかった?

2017.06.15

Wrap up!by パッショノン

  • 丸山桂里奈は現役時代、天才ドリブラーだった
  • 丸山桂里奈は高校、大学時代からサッカー選手としての頭角をメキメキと表していた
  • 丸山桂里奈は、とても勝負強いプレイヤーだった
  • おバカ疑惑については関連記事からどうぞw
スポンサーリンク