柴崎岳の2017年日本代表復帰の可能性は?ハリルの評価向上か?

スポンサーリンク


ロシアワールドカップアジア最終予選、8/31のオーストラリア戦に向けて、柴崎岳の日本代表復帰の可能性がどれくらいあるのだろうか?ということが気になったので考えてみました。ハリルホジッチ監督からはあまり評価されていなかった柴崎岳ですが、ラ・リーガ2部のテネリフェでのプレーを見てると、日本代表に足りないものをいくつも持ってるプレーヤーなのではないかと思います。

今の日本代表に欠けてる要素と柴崎岳がそれをいかにして埋めるか?といった点を掘り下げてみたいと思います。

柴崎岳テネリフェの来季1部昇格条件とプレーオフ日程をおさらい!

2017.05.29

柴崎岳のテネリフェ移籍金は0?年俸は?6月以降の去就はどうなる?

2017.05.08

柴崎岳の日本代表復帰の可能性は?

今の日本代表における1番大きな問題は、ゲームメーカーの不在です。特に、中盤の底からボールを供給・展開出来るプレーヤーが不足しています。この問題は、ずっと解決されていません。遠藤保仁という偉大なプレーヤーがいたために、後任の育成が進まなかったという側面もあります。もう一人、長谷部誠の存在も大きいですね。

とはいえ、これからの日本代表のことを考えると1番の補強ポイントだと思います。前線のアタッカーは大迫勇也、久保裕也、浅野拓磨など若手が台頭してきましたし、良いプレーを見せることも多いです。ですが、ゲームメーカーの役割を果たせる若手がまだまだ育っていないと思います。

山口蛍はそもそもゲームメーカーではないですし、今野泰幸は2017年6月時点で34歳です。イラク戦で使われた井手口陽介、遠藤航の両名もゲームを作る、ボールを回すといったタスクをうまくこなせたかといえば、疑問が残ります。

というわけで、柴崎岳が日本代表復帰するのであれば、ゲームメーカーとして召集される可能性が考えられるでしょう!

香川真司と本田圭佑頼りの中盤

現状だと誰が中盤の底を任されたとしても、香川真司や本田圭佑頼みのボール回ししか出来ません。香川真司と本田圭佑がいなかったシリア戦前半でゲームを作れなかったことが何よりの証拠です。

アジアで戦うのであればまだ良いものの、香川真司や本田圭佑に頼りきりだと、ワールドカップ本大会であれば、敵の立場で考えると絶好のボールの取りどころとして狙われてしまうのが目に見えてます。

それに、香川真司も本田圭佑も中盤まで下がって来てしまうのは、単純に攻撃の人数が減るのであまり良くないと思います。

柴崎岳の日本代表復帰、ゲームメーカー起用を求む!

日本代表に欠けてるピースを埋めるのは、やはり柴崎岳だと思います。ボランチの位置でゲームメークしつつ、チャンスがあれば前線に顔を出せます。

運動量も豊富で足元のスキルも申し分なく、パスの出し手としても優秀な柴崎岳がなぜ日本代表に呼ばれないのか、個人的には理解出来ません。今はテネリフェ優先ということかもしれませんが、本来であれば呼ばれてしかるべき選手だと思います。

柴崎岳のスペイン語上達・適応が早い?本当はおしゃべりな一面も

2017.06.05

柴崎岳は不安障害をなぜ克服出来たのか?復活の理由は強いメンタルだ!

2017.05.10

柴崎岳に対するハリルの評価は向上?

ハリルホジッチ監督が求めるデュエルという言葉、球際の強さで柴崎岳がそれほど劣ってるとは思わないです。もちろん、柴崎岳はデュエルを特徴とした選手ではないので、ハリルホジッチ監督の好みじゃないと言われればそれまでですが。

テネリフェでのプレーを見ると、しっかりとチームの守備戦術を理解して実践している様子が伺えます。スペースを埋める動きやディフェンスへの意識の高さはしっかりと見せていますし、豊富な運動量で広いポジションをカバーしていると思います。

守備の意識、ゲームメーカーとしての能力、豊富な運動量などをハリルホジッチ監督が評価してくれれば、柴崎岳が日本代表に選ばれる可能性は十分にあると思います。それに、ハリルホジッチ監督の志向する縦に早いサッカーをする上でも、質の高い楔のボールやスルーパスの出し手である柴崎岳の需要はあるはずなんですがねー。まぁ、ハリルホジッチ監督の戦略とか戦術に関して私はそれほど信用してませんがw

Wrap up!by パッショノン

  • 日本代表の1番の課題はゲームメーカーの不在ではないか
  • 柴崎岳というタレントが、ゲームメーカー不在という課題を解決するのではないか
  • ハリルホジッチ監督には柴崎岳を日本代表に選んでゲームメーカーとして使ってほしい
  • 柴崎岳がこのままテネリフェで質の高いプレーを続ければ日本代表に呼ばれる可能性は高いと思われる

柴崎岳がテネリフェと2年契約延長?リーガ1部でプレーする道は?

2017.06.06
スポンサーリンク