8/31オーストラリア戦サッカー日本代表の放送予定とスタメン予想!ロシアW杯アジア最終予選

スポンサーリンク


サッカー日本代表がロシアワールドカップのアジア最終予選、2017年8月31日、日本ホームにてオーストラリア戦を行います!

まずは、テレビの放送予定やキックオフ時刻をチェックです!その後に、スタメン予想をしたいと思います!イラク戦の結果から、ハリルホジッチ監督は誰を起用するのでしょうか?戦術・フォーメーションの変更はあるのか?香川真司をはじめとした選手の怪我の状況も気になるところです。

8/31 サッカー日本代表オーストラリア戦放送日程


8月31日(木曜日)

キックオフは19時35分から予定
放送予定は、19時から!テレビ朝日系で全国生放送!

19時35分だと帰宅ぎりぎり民もたくさんいると思いますが、頑張って帰りましょう!w

8/31 サッカー日本代表招集メンバー決定!

8/24にオーストラリア戦とサウジアラビア戦の代表メンバーが発表されました。注目はやはり柴崎岳でしょうか!長谷部誠の復帰もうれしいニュースですね!

今回27人が選ばれていますが、この中から登録外になる選手は誰なのでしょうか。怪我の影響がある大迫勇也のバックアップという意味で、FWの人数が前回よりも多くなっていると思われます。

GK:
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF:
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
植田直道(鹿島アントラーズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
三浦弦太(ガンバ大阪)

MF:
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
髙萩洋次郎(FC東京)
井手口陽介(ガンバ大阪)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

FW:
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
本田圭佑(ミラン/イタリア)
乾貴士(エイバル/スペイン)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
原口元気(ヘルタ/ドイツ)
久保裕也(ゲント/ベルギー)
杉本健勇(セレッソ大阪)

6/13 サッカー日本代表直前のイラク戦スタメンを復習

まずは、直前のイラク戦のスタメンと出場選手を復習したいと思います。

前回のオーストラリア戦スタメンを復習

前回2016年10月11日に行われたオーストラリア戦のスタメンを復習します。

8/31 オーストラリア戦スタメン予想

それではオーストラリア戦のスタメン予想です!

オーストラリア戦は日本のホームゲームです。続くサウジアラビア戦がアウエーだということを考慮すると、日本としてはオーストラリアに勝ってワールドカップ出場を決めたいところです。

8/31の気候は秋口というよりも残暑厳しい夏真っ盛りですよね、キックオフ時刻は19時35分予定ですが、気温は25度から30度くらいが予想されます。

日本代表の採用するシステムを予想

日本代表の戦い方はどうすべきでしょうか。オーストラリアは高さとフィジカルを前面に押し出したごり押しサッカーをするのか?それともパスでつなぐサッカーをするのか?

オーストラリアはアウエーということもありますが、最悪の結果は日本に負けることです。となると、出来るだけリスクを冒さず最低限引き分け狙いという戦い方が予想されます。さらに、この8/31は夏の終わりとはいえ高温多湿が続きます。コンフェデレーションズカップで見せたようなプレッシングを積極的に仕掛けるには、ちょっとリスクが高そうです。であれば、引き分け狙いで、守備から入って縦ポン&サイド攻撃主体のサッカーとなりそうです。

それを迎え撃つ日本はどのようなシステムを組むべきでしょうか。オーストラリアの縦ポンが入ったらそのセカンドボールをいかに効率よく拾えるかが勝負の分かれ目となりそうです。もう一つ気にしなければならないのは、オーストラリアのサイド攻撃への対応です。

となると、ボランチは二人置きたいですよね。つまり、これまでの採用システムを鑑みると、オーストラリア戦は4-2-3-1を採用する可能性が高そうです。

サッカーオーストラリア代表のフォーメーション予想と日本代表の戦術検討

2017.08.24

8/31 オーストラリア戦、日本代表のスタメン予想布陣はこれだ!


4バックはイラク戦から継続で問題ないでしょう。大きく崩されるようなシーンは見受けられませんでした。ちょっと吉田麻也の怪我の状況が心配ですが・・・

ボランチには柴崎岳と長谷部誠を1stチョイスとします。本命は山口蛍と長谷部誠のコンビですが、あえて柴崎岳を選びました。理由は、ここ2試合、日本代表はゲームメーカーがいないため、ボールが落ち着かず、ゲーム運びがうまく行かなかったように思えます。ですので、ボールを散らせる柴崎岳にゲームメーカーを務めてもらいたいと思います!ハリルホジッチ監督にお願いしてみたいと思います(笑)

トップ下は香川真司、脱臼の怪我から復帰して、ドルトムントでも試合に出場できるレベルまで回復しています。左FWは原口元気、右FWは久保裕也にします。久保裕也は、新シーズンが始まってまだ無得点ですが、オーストラリア戦で結果を出して上昇気流にのってもらいたいですね。

後半には、原口元気に代えて乾貴士というカードを是非切ってもらいたいと個人的に思いますが、状況によるでしょう。リードしていれば乾貴士を起用する必要は無いとハリルホジッチ監督は考えるはず・・・乾貴士の出番があるとすれば、同点、もしくはビハインドの状況と予想されます。

1トップはもちろん大迫勇也です!と言いたかったのですが、怪我から回復しているとはいえリスクが大きすぎます。そこで、レスターで好調な岡崎慎司を1トップで起用してくるとみます!

と、ここまで予想してみましたが、ミドルシュート要員がいませんね・・・本田圭佑はパチューカで見事なデビュー戦ゴールを上げましたが、久保裕也に変えて本田圭佑というチョイスはあるのでしょうか?無くはないですが、コンディションを考えるとオーストラリア戦は様子見、出番があっても後半からではないかと、予想します!

6/13イラク戦サッカー日本代表の放送日程とスタメン予想!ロシアW杯アジア最終予選

2017.06.08

Wrap up! by パッショノン

  • ロシアワールドカップアジア最終予選、オーストラリア戦は8月31日(木曜日)19時35分キックオフ予定!
  • 現時点で、採用されるシステムは4-2-3-1と予想!
  • メンバー27人が発表!注目は柴崎岳!もちろん長谷部誠の復帰も頼もしい!
スポンサーリンク