6/7サッカー日本代表シリア戦の評価・感想!乾貴士躍動!本田圭佑のインサイドハーフはどうだった?

スポンサーリンク


サッカー日本代表の6/7キリンチャレンジカップ、シリア戦の評価と感想を簡単にまとめてみました。

親善試合なので、結果よりもチームとしての攻め方や守り方が確認出来たか?起用した選手のパフォーマンス、システムにマッチしてるか?という点を見てみましょう。

日本代表前半の評価・感想

前半は香川真司の怪我によって倉田秋がスクランブル交代。その後は、お世辞にも良いゲームだったとは言えなかったと思います。久保裕也も動きにくそうな感じでしたし、前線では大迫勇也が1人で頑張ってポストプレーをするも、後から出てくる選手、サポートが不足していたと思います。

左サイドの原口元気と長友佑都のコンビネーションも気になりました。原口元気はあんまり長友佑都を使う気が無いのかな?っていう印象を受けました。

ゲーム組立に関しては、山口蛍にその枠割を期待するのは酷だと思いますし、今野泰幸も怪我明け、倉田秋も代表出場経験的に難しかったのかなと思います。

日本代表後半の評価・感想

後半に入って日本はメンバー交代が当たります。本田圭佑がインサイドハーフに入ってから、ゲームを作ることができるようになりました。乾貴士の躍動も素晴らしく、セクシーフットボールを魅せてくれましたね。惜しむらくは、乾貴士と香川真司の競演が見れなかったことでしょうか。

乾貴士の躍動

一人だけ別次元のプレーを魅せていたのが、左FWで原口元気の代わりに投入された乾貴士です。ドリブルで相手を崩すことが出来る貴重な存在です。何よりトラップ、1stタッチが上手ですよね!

長友佑都とのコンビネーションも問題無さそうで、ちゃんと使ってましたよね。同点ゴールのきっかけは乾貴士→大迫勇也→長友佑都の崩しでした。

本田圭佑のインサイドハーフ起用

後半途中から本田圭佑がインサイドハーフで起用されました。怪我明けの今野泰幸が退いたことで本田圭佑が右FWからインサイドハーフにスライド。右FWには浅野拓磨という布陣になりました。

ゴール前に顔を出すプレーも良かったと思いますが、ボールを捌くプレーには落ち着きがありますね。1人で突破出来るタイプではないですが、フィールドセンターでのプレーでは視野の広さやパスコースを見つける上手さを活かすことが出来ます。やはり、本田圭佑の適正ポジションはセンターで仕事の出来るMFというところでしょうか。

難点としては、香川真司と共存できるか?同じ左利きの久保裕也とのコンビネーションがどこまでうまくいくか?といったところでしょうか。

井手口陽介が使えそう

井手口陽介、良い動きだったと思います。山口蛍があんまりパットしなかったので、アンカーに井手口陽介を置いて、今野ともう一人、本田圭佑か香川真司というのが、次のイラク戦の1stチョイスになるかもしれません!

1失点のDF陣は修正をお願い

シリア戦で起用されたCB昌子源と吉田麻也には、連携の向上をお願いしたいと思います。まぁ、1失点は昌子源がボールウォッチャーになっていてマーク外れていたのが良くなかったとは思いますが、吉田麻也と昌子源の間に入ってきた敵選手に対して、しっかりとマークの受け渡しができるようになってもらいたいですよね。というか、まじで頼みますよ!

6/13イラク戦サッカー日本代表の放送日程とスタメン予想!ロシアW杯アジア最終予選

2017.06.08

Wrap up ! by パッショノン

  • シリア戦前半は、お世辞にも良い出来だったとは言えない
  • 後半に入って、ハリルホジッチ監督の選手起用があたり、ゲームが作れるようになった
  • 本田圭佑のインサイドハーフ起用と乾貴士の躍動がポイントになった
  • イラク戦に向けて、DF陣はクロスへの対応、マークの受け渡しなど基本的なことを修正してもらいたい
スポンサーリンク