柴崎岳がテネリフェと2年契約延長?リーガ1部でプレーする道は?

スポンサーリンク


柴崎岳がテネリフェと来季以降、2年の契約延長について基本合意に至ったとテネリフェの地元紙が報道しているようですね!

もちろん、最近の活躍を見ると当然といえば当然かと思います。ですが、柴崎岳がスペインでも十分通用するプレーヤーだと証明する道のりは、まだ途中だと思います。

柴崎岳としては、来季1部のリーガエスパニョーラでプレーすることが1番の目的だと思いますが、目的を実現する手段はテネリフェの1部昇格だけではありません。移籍もその選択肢になりつつあります。ということで、この2つの可能性について簡単に整理してみましょう。

柴崎岳のスペイン語上達・適応が早い?本当はおしゃべりな一面も

2017.06.05

柴崎岳テネリフェの来季1部昇格条件とプレーオフ日程をおさらい!

2017.05.29

柴崎岳とテネリフェ、1部昇格

優先順位としては、テネリフェ1部昇格が1番になると思います。テネリフェはプレーオフ進出を決めていますし、柴崎岳も昇格以外のことは考えていないと思います。

ですので、昇格プレーオフでは全力で勝利を目指して欲しいと思いますし、我々ファンとしても全力で応援したいと思います!

先の、2年の契約延長は1部昇格が前提になっているようです。恐らくですが、テネリフェと今季の契約をするときに、この「オプション」は規定事項として盛り込まれていたはずです。テネリフェは、そのオプションの行使について柴崎岳に確認したのでしょう。

柴崎岳だけ、リーガエスパニョーラ1部への移籍

こちらは、優先順位としては2番目です。柴崎岳がテネリフェに移籍した当初、不安障害の報道があったときに代理人について否定的な意見もあったかと思います。なぜ、焦って2部のテネリフェなんかと契約させたのか?って論調ですね。

ですが、代理人はとても良い条件で柴崎岳を移籍させたと考えています。その理由をいくつか考えてみました。

スペイン1部クラブのスカウトがチェックできる

仮の話ですが、柴崎岳がリーガ2部で圧倒的な実力を発揮したとします。ですが、サッカーはチームスポーツなので柴崎岳が活躍してもチームが負けることはあります。結果として、昇格プレーオフで敗退するかもしれません。

勝負の世界に100%はありえないので、もし昇格できなかった時でもリーガエスパニョーラ1部への移籍の可能性を残しておきたいと普通は思いますよね。そこで考えたのが、まずは柴崎岳のプレーを見てもらうことです!

スペインでプレーする限り、スペインの関係者は目を凝らして見ているはずです。さらに、シーズンも終わって昇格プレーオフしか試合がなくなるわけですから、各チームのスカウトはみんな見るんですね。

というわけで、まずスカウトの目にとまるという最低限の条件はクリアします。

半年契約+オプションという選択肢

次に、テネリフェとの契約について考えてみましょう。柴崎岳は、恐らくかなり低い年俸で契約しているだろうと思います。さらに、6月で契約が一旦終了することがとても大事です。なぜなら、契約がなければ来期移籍したとしても移籍金が発生しないのです!

つまり、柴崎岳は超格安のお買い得物件の可能性が高いのです。日本でプレーしてる限りは、スカウトの目に止まったとしてもスペインへの適応や移籍金というリスクがチラツキ簡単には手が出せません。ですが、スペイン2部なら話が変わります。適応については、問題ないと証明されつつありますし、獲得にかかるコストも低いです。

ということで、もしもテネリフェが昇格出来なかったとしても、1部のチームからオファーが来る可能性が高いのではないでしょうか!

柴崎岳にスペイン1部から個人昇格の複数オファー?次はアラベス!

2017.06.26

柴崎岳はスペイン1部への個人昇格を決断?移籍先候補はベティス?

2017.06.26

Wrap up! by パッショノン

  • 柴崎岳がテネリフェと1部昇格を前提として2年の契約延長か
  • 恐らく、この契約についての報道はオプション行使についての確認という側面が強いだろう
  • 柴崎岳としてはテネリフェを1部昇格させることを最優先に考えている!
  • もし、昇格出来なかったとしても、リーガエスパニョーラ1部のチームの目に止まるはず
  • 柴崎岳は、実は超格安のお買い得物件かもしれない!
スポンサーリンク