HomepodスマートスピーカーでアップルがIoT家電に進出?

スポンサーリンク


WDCC2017でAppleアップルがHomepodを発表しました!スマートスピーカーでSiriがついているだけじゃん、と思う方もいると思いますが、個人的に1番注目したい新商品だと思います。

まさかのiMac Pro発表、4999ドルという価格に度肝を抜かれて話題はそっちに集中してるようなので、私はHomepodについて記事を書きたいと思います!

Homepodスマートスピーカーの仕様は?

  • iPhoneにあるA8チップを搭載したスピーカー
  • 音質とスマートさを両立し、音楽の楽しさを伝えるスピーカー
  • 棚でもテーブルでも、家のどこにでも置ける洗練されたデザイン
  • 2つのHomePodをペアとして使うことも可能
  • 6つのマイクを内蔵、Siriを大幅強化
  • AIアシスタント機能搭載
  • ニュース、天気予報、交通情報、スポーツ情報、タイマー、メール可
  • Home Kit内蔵、iPhone/iPadで遠隔操作可能
  • 匿名ID、暗号化でプライバシーにも配慮
  • お値段は349ドルの予定
  • 色は白とスペースグレーの2色
  • アメリカ、イギリス、オーストラリアで12月リリース

Homepodをアップルが開発する理由

Home Kitが普及しないから?

アップルはHome Kitを提供することで、家庭向けIoT家電のプラットフォームを構築して、そのコントローラーとしてiphone等を使わせるということを考えていると思います。iPodとアップルストアで音楽利用環境を囲い込んだときと同じ作戦です。

ですが、Home Kitの普及がなかなか進みません。世界的にはAndroidのシェアの方が圧倒的に高く、iPhoneやiPadを軸としてHome Kitを展開するのは難しいと踏んだのでしょう。

新たなライフスタイルの実現に向けて

それに、Home Kitを使うときに、iPhoneやiPadといったデバイスに話しかけるというのは、あまりスマートだとは思えません。やっぱり、空間に向かって話しかけて、家電が動いたほうがカッコイイですし、ライフスタイルが変わる感じありますよね!

アップルは、恐らくiPhoneやiPadを使うのは、結局のところ今のリモコン生活からの脱却には繋がらないと考えたのでしょう。

それなら、リビングにおいておけるカッコイイ、リモコンを集中管理できるコントローラーを作ろうと考えたのが、恐らくHomepodの狙いでしょう!音楽スピーカー機能は多分おまけですw

内臓マイク6つ搭載でSiriの使い勝手を向上しているのがその証拠です。スピーカーがメインなら、わざわざ内臓マイクをたくさん付けるという、コストがかかることをしますか?しませんよね。

アップルが狙っている市場は?

スピーカー市場なんて競合も腐るほどいるいわゆるレッドオーシャンです。その市場に、アップルがあえて挑戦するのは、スピーカーでは勝負してないからです。スマート家電のコントローラーとしてスピーカーの皮を被せてるだけだと思います!

以上より言えるのは、アップルはスマート家電のプラットフォーム及びそのコントローラー市場でのビジネスを拡大することを狙っているのではないでしょうか。iPhoneに変わる新たな稼ぎ頭が必要なのかもしれませんね!

Wrap up! by パッショノン

  • アップルがHomepodというスマートスピーカーを開発中
  • スピーカー機能はおまけで、本命は家電のスマートコントローラー機能にありそう
  • アップルはライフスタイルを変革するようなデバイスとプラットフォームの提供を狙っているのではないか
  • 日本でも発売予定してくれますよね?頼みますよアップルさん!

(画像出典:youtubeより)

スポンサーリンク