柴崎岳のスペイン語上達・適応が早い?本当はおしゃべりな一面も

スポンサーリンク


柴崎岳がスペインのテネリフェに移籍してから4ヶ月経ちましたが、結構スペイン語喋れるみたいですよ?ということで、柴崎岳のスペイン語について調べてみました!スペイン語難しいみたいですが、どうやって勉強してるんでしょうかね。

また、スペイン語の上達が早いのには、どうやら柴崎岳本来のおしゃべりな性格もプラスに働いているようです!マスコミにはクールな対応を取ることが多いので、そのように思われているようですが、テネリフェの柴崎岳はそうでもないみたいです!

柴崎岳はスペイン語しゃべれるの?上達が早い?

入団会見では、

Si, pero (yo) hablo (un) poco de Espanol”「はい。でも、少しだけスペイン語を話せます」

とスペイン語で話していました。柴崎岳はスペイン語の勉強をしていたんですかね?きっと、移籍が決まる前から準備を始めていたのでしょう!

初ゴールの後、次のように記者たちにスペイン語で話をしたようです!

「Muy contento, me alegro」(満足している、嬉しい)
「Nuestra objetivo es, ganamos partido」(僕らの目的は試合に勝つこと)
「Sin problema, todo muy contento」(問題ない、全て満足している)

結構普通にコミュニケーションしてますよね!スペインに移籍してからも、スペイン語の勉強は日々続けているのでしょう!何より、現地で生活するのであれば日常で使用するのはスペイン語です。やはり、現地の生の言葉を毎日インプットするのが1番上達に良いですよね!

柴崎岳は本当はおしゃべり?

柴崎岳は本当はおしゃべりなようです。インタビューで現地の言葉を使おうとすることや、チームメイトとのコミュニケーションをツイッターで見ると、チームに溶け込もうとする努力が垣間見られます!そして、その努力が実を結びつつあることも!

日本のマスコミに対しては塩対応のことが多いようですねw

柴崎岳は真面目で熱血漢だから、恐らく自分の喋った言葉が自分の意図と異なる形でファンに届けられることを嫌っているのではないでしょうか?

テネリフェに来たマスコミのインタビューでは結構気軽に話している柴崎岳を見ることができるので、もしかしたらスペインに来て少しオープンになったのかもしれません!スペインの国民性が、テネリフェの空気が柴崎岳をそのように変えたのでしょうか?

真相は本人にしかわかりませんが、きっと良い変化だと思います!

Wrap up! by パッショノン

  • 柴崎岳は結構スペイン語が喋れるらしい!
  • スペイン移籍前から語学の勉強を進めていたようだ!
  • 柴崎岳は本当はおしゃべりのようだ。
  • スペインに移籍したことによって、本来の柴崎岳が出せるようになったのかもしれない。
スポンサーリンク