宇佐美貴史の変わった習慣・エピソードを嫁の宇佐美蘭が暴露!

スポンサーリンク


日本サッカー界を代表するプレーヤーの1人、宇佐美貴史のちょっと変わった・アホっぽい習慣が面白かったので、ざっくりまとめてみました!嫁の宇佐美蘭も、旦那の変わった習慣に付き合うのはとても大変だと思います・・・

宇佐美貴史と嫁の宇佐美蘭の馴れ初めは?妻は料理上手な野菜ソムリエ!

2017.06.03

宇佐美貴史のラッキーナンバー33が好き?

3人兄弟の3男、ガンバ大阪入団時の背番号が33、バイエルン・ミュンヘンで初ゴールを決めた時間が前半33分。何かと33という数字がついて回ると宇佐美貴史は思っているようですw

なので、33という数字に人並み外れた強いこだわりを持っているようです。しかし、強すぎるこだわりは時としておバカエピソードに早変わりしてしまいます。

買物で33の値札に目がない?

33という数字がついたものを、つい何となく買ってしますことがあるみたいです。「3万3千円」だったから買ってしまった、とかリアルにあると宇佐美蘭は昔テレビで暴露してましたが、もし本当なら「いい加減にしろ!」ってツッコミたいですよねw

33万円のものでも買うんでしょうか?宇佐美貴史の年俸なら楽勝でしょうか?現在アウクスブルクでの年俸はわかりませんが、移籍前のガンバ大阪では7000万円でした。ですので、アウクスブルクでも同じくらいの金額か、もしかしたら少し安い金額かもしれませんが、5000万円以上はもらってると思われので、きっと大丈夫でしょう!

33のつく時間が好き?

日常生活で、「いま33分だった」とかアピールしてくるみたいですよ?ちょっと面倒ですよねw

宇佐美蘭もきっと「はいはい33分33分」位にしか思ってないでしょう。

目覚まし時計とかも、きっと33分に設定してるんでしょうね!朝7時に起きなければならないとすると、宇佐美貴史は6時33分に前倒し設定するタイプかもしれません。てか、するでしょう!w

宇佐美貴史は模様替え大好き?

何かにつけて部屋の模様替えを宇佐美貴史がするようです。しかも夜中に始めるときもあるそうです。宇佐美蘭は、模様替えをしすぎて何がどこにあるかわからなくなる、と昔テレビで暴露してましたw

なんでもこの模様替え、宇佐美貴史流のストレス発散術のようで、試合で良いプレーが出来なかった時は高確率で模様替えをするようです!

宇佐美蘭も、頼むから試合で活躍してくれ!といつも祈ってるかもしれませんね。

宇佐美貴史の何でもご飯に合う発言とは?

宇佐美蘭が、踊るさんま御殿で宇佐美貴史の習慣を暴露しますね。何を作っても、ご飯に合うわーと宇佐美貴史が言うらしいです。

「いつも美味しいご飯ありがとう」という宇佐美貴史流のねぎらいの言葉だとは思いますが、焼きおにぎりを出したときも同じ発言をしたようで、ちょっとアホっぽい宇佐美貴史が面白いですよねw

宇佐美貴史が「いやーご飯にあうわー」って言う姿を想像すると、リアルに言ってそうだなと思いましたw

宇佐美貴史の伝説エピソードとは?

ホッフェンハイム時代に監督から

「お前はだれもできないことができるけど、逆にだれでもできることがだれでもできるレベルに達していない」 byホッフェンハイム監督

と言われてショックを受けたと語っています。

バイエルン時代には、あのフィリップ・ラームも次のように語っています。

「彼はあまりに若く、経験が少ないままバイエルンに加入してしまった」「でも、間違いなくものすごい才能の持ち主だった」 byフィリップ・ラーム

恐らく宇佐美貴史の攻撃に関する才能を高く買っているのでしょう。その反面、他の人ができる守備が出来ない、という感じでしょうか。

現代サッカーで守備免除スタイルは難しいですよね。宇佐美貴史には、基本レベルの守備をこなした上で、さらに攻撃で才能を発揮できるようになってほしいです!攻撃の才能はお墨付きなんですから!

Wrap up! by パッショノン

  • 宇佐美貴史は33という数字が好き
  • 宇佐美貴史は模様替えが大好き、ストレス解消の方法でもあるようだ
  • 宇佐美貴史の才能はお墨付きだが、守備に難があるのもその通り
  • 宇佐美貴史には、守備をうまくこなしつつ攻撃で才能を発揮するようなプレースタイルを構築して欲しい!

(サムネイル画像出典:宇佐美蘭インスタグラムより)

スポンサーリンク