本田圭佑が人材紹介会社ネクコネに出資!次のキャリアは経営者?

スポンサーリンク


本田圭佑の所属する事務所「HONDA ESTILO」が人材紹介会社NextConnect(通称ネクコネ)に出資サービスを開始するとの報道がありました。以前から、本田圭佑はビジネスマンとして、「HONDA ESTILO」 を通じてSVホルンの経営に携わったり、サッカースクールを展開したりと、サッカーを軸とした異なるビジネス領域で活動をしてきました。

最近では、本田圭佑独自の「教育論」を提唱するなど、サッカー以外にも目を向け始めているようです。本業のサッカーについてはACミランからの退団が決まっているものの、次のチームはまだ決まらないようですが・・・

ところで、人材紹介会社NextConnect(ネクコネ)とはどんな会社なんでしょうか?ざっくり調べてみたので簡単にご紹介したいと思います。また、本田圭佑の最近の動向から、現役をいつまで続けるのか?という点について検討してみたいと思います。

本田圭佑は名オーナー?SVホルン投資金額と回収戦略をずばり考察

2017.04.04

本田圭佑の出資する人材紹介会社ネクコネとは?

出展:NextConnect(ネクコネ)HPより

ネクコネの取り扱う人材は大きく分けて2つです。1つは、元アスリートというバックグラウンドを持った人材、もう1つはスポーツ業界で働きたい人材です。どちらの人材に対しても、ネクコネはスポーツ業界に特化した会社や仕事を紹介してくれるようです。

本田圭佑がネクコネに出資する理由

目的は、日本スポーツ業界の発展とのことです。アスリートには努力する才能があるので、その才能を使えばスポーツ業界が発展するようですよ?

まぁ、理想は素晴らしいと思いますが、何をどのように実現するのか見えてこないというのが感想です。スポーツ業界の発展とは何でしょうか?ちょっと考えてみますか!

本田圭佑の考えるスポーツ業界の発展とは?

企業の発展

スポーツ業界を、いわゆるアディダスとかプーマの様な企業が提供するモノ・コトで構成されると考えると、この業界の発展とは、つまり企業の売上が上昇することです。

プロスポーツの成功

Jリーグとかプロ野球などのプロスポーツに関わるビジネスもあります。サッカーに限って言えば、イギリスのプレミアリーグ目指して頑張りましょう!といった感じでしょうか。あわせて、ワールドカップで良い成績を上げるなども、ここに含まれると思います。

一般人のスポーツ参加率の向上

スポーツのすそ野を広げることが重要だと考えれば、競技人口を増やすことを目的としても良いかもしれません!ですが、日本にこれからやってくるのは超高齢化社会。もちろん、スポーツ業界の為に、競技に取り組みやすい環境を整備するなどは大事ですが、人がいなけりゃなにもできません!ということで、いっそのこと子供どうやって増やすかを考えた方がいいかもしれません!最終的には、スポーツ業界発展に繋がるはずです。

本田圭佑の引退時期はいつ?

最近の動向を見ると、本田圭佑のサッカー選手としてのキャリアは終わりに近づいてるのでしょうか?ビジネスマン本田圭佑の活動時間が増えている様な気もします。

まず、サッカー選手としてのキャリア引退時期を予想すると、来年のロシアワールドカップが終わったあたりではないかと思います。その理由は次の2つです。

プレーヤーとしての限界

本田圭佑の夢はサッカー日本代表がワールドカップを制覇することです。自分がプレーすることで夢を叶えるチャンスは、後1回が限度でしょう。サッカー選手の選手寿命はあまりにも短いのです。

プレーヤー以外の貢献の道

直接プレーすること以外で日本代表のワールドカップ優勝に貢献することができると本田圭佑は考えているのではないでしょうか。その布石として、SVホルンの経営権を握ったりサッカースクールを作ったりしているのです。全てはワールドカップで勝てる人材を育成するためと考えれば1本の筋が通ると思います。

本田圭佑が教育論に興味をもつのも、結局は優秀なサッカー人材を育てる方法論を模索してるからでしょう。

そして、ビジネスマンの選手生命はめっちゃ長いのです!30年以上はあるでしょう!プレーヤーとしての力は落ちるだけなので、目的達成のためにプレーヤーとして時間を使うことはあまり意味がないと本田圭佑が考えるなら、引退は来年の夏です。

本田圭佑のセカンドキャリアとは?

ここまでの情報を総まとめすると、サッカークラブ経営者が最も有力ですね!SVホルンはあまりうまくいってないので、他のクラブを物色しているかもしれません!欧州4大リーグなら最高ですが、それ以外でもフランスリーグとかオランダリーグで買えるクラブがあればすぐに手を出すと思いますよ。

さらに、日本にも支部を作って日本で青田買いした人材を海外の自クラブに連れ込んで徹底的に鍛え上げる。そんなことを考えてるかもしれませんね!

Wrap up! by パッショノン

  • 本田圭佑が人材紹介会社ネクコネに出資した!
  • 本田圭佑のサッカー選手としてのキャリアは終わりに近づいてるのではないか?
  • 来年のロシアワールドカップ終了後が、現役引退のXデーと予想する
  • 本田圭佑のセカンドキャリアはクラブ経営者が有力な気がするw
(画像出典:本田圭佑インスタグラムより)

本田圭佑の移籍先最新情報への疑問、スペインではなくドイツに行くべきでは?

2017.05.12
スポンサーリンク